2015年09月13日

水平線から地平線へ


【09/13】minne

【09/13】グアム旅行ナビ
【09/13】ベッド全品送料無料! 日本最大級のベッド専門店
【09/13】大容量256GB・月額1,000円(税抜)〜!レンタルサーバー【ヘテムル】


  15 sep 13-1.JPG
  パタヤでは年中水平線に落ちてゆくサンセットを見ていたが・・

水平線と地平線、どちらも雄大な景色が見られるタイである。パタヤでは年中、ビーチを楽しむことができるが、夕方になり少し日差しが弱くなったビーチはウォーキングにはうってつけである。

夕方になると、ビーチに出掛け、水平線に落ちてゆく太陽を見ながらサンセットをエンジョイするのは本当に気持ちの良いものだった。

多くの人もビーチに出てくるところを見ると皆、同じ考えなのだろう。だから、私はついでにピープルウォッチングも一緒によく楽しんだ。

  15 sep 13-2.JPG
  サンセットを見るとついデジカメではあるが撮影してしまう

しかし、すでに田舎に越してしまいビーチのサンセットは拝めなくなってしまった。だが、田舎は田舎でまた凄い。地平線に落ちてゆく太陽である。この写真は我が家の裏で撮ったものだが、残念ながら、もっと雄大な本当に何にもない大地に夕日が落ちていくシーンをお目に掛けいくらいである。

  15 sep 13-3.JPG
  すぐ傍の空き地まで行くと地平線に落ちてゆく太陽が見える

建物が邪魔する場所では絶対に見られない光景である。これはこれでビーチとはまた違った意味で素敵である。大自然から遠ざかってしまった感のある現代日本。

どこか「郷愁の気持ち」が湧いてこないだろうか?サッコーン!








グアム 旅行

THE BED ROOM



  


posted by ラッキー at 01:45| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

恐怖体験!那珂川の堤防決壊

【09/12】手軽な郵送で海外口座開設定期預金をするだけで、毎月利息が受け取れます!

【09/12】登録済みドメインでも手に入る「お名前.com プレミアムドメイン」

【09/12】【物忘れする人必見!】超小型の紛失防止トラッキングデバイス

【09/12】WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』


  15 sep 12-1.JPG
  ホテル経営時代に氾濫にあった那珂川

関東地方と東北地方に今回の集中豪雨で、だいぶ被害が発生している様子。被災者の皆さまに心からのお見舞い申し上げます。尚、一日も早き現場復旧を願う次第でございます。

私もホテル経営時代に、確か平成7、8年の頃だったと思うが、やはり台風による大雨で、ホテルが床下浸水の被害にあったことがあります。

那珂川からは距離にして2km以上も離れている場所に建つ我がホテルが川の氾濫で水浸しになるとは誰が想像できたでしょうか。

その前日、雨は降っていましたが、約束があったので、飲みに出掛けたのです。夕方、その那珂川の橋を歩いて渡っていきましたので、川を様子を覗うことができました。橋の渡り切ったすぐの場所に水位を示す柱が立っており、見ると余裕で大丈夫そうに見えました。

飲み屋から帰宅する時はタクシーだったと思いますが、よく覚えてはいません。ホテルに戻り、自室に入ると酔いつぶれて寝てしまいました。

  15 sep 12-2.JPG
  まさか、この田んぼが全部水に浸かるほどの被害になるとは・・・・

翌朝、まだ暗い午前4時くらいだったでしょうか。突然、ヘリコプターの音で起こされました。半分酔っている二日酔い状態です。よたよたしながら起き出して、ドアを開けました。すると、拡声器を使った声で非難を呼び掛けていたのです。

周りは次第に明るくなっていきました。「何だ、何も無いじゃないか!」と、その時はそう思いました。外に出て、町内の角まで出ると村人たちが集まっていました。話を聞くと皆上流の情報を話し合っていました。

まさか、これが大洪水の始まりとは、この時点では分かりませんでした。(続く)














posted by ラッキー at 00:52| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル経営者時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

村のイベント、街のイベント


【09/11】ツラいふしぶしのお悩みに。【キャッツクロウスカット】

【09/11】女性専用のオンライン・カウンセリング【ボイスマルシェ】

【09/11】ハンドメイド作品を販売・購入できる! ハンドメイド作品のオンラインマーケット≪minne(ミンネ)≫

【09/11】ドメイン取得0円!大塚商会



  15 sep 11-1.JPG
  村中央の市場脇に時々出てくるパーフォーマ―

いよいよ、この村を離れる日が刻々と近づいているような予感がする。まあ、商売向きでもない家内が家族3人を養っていくことは無理があったのだろう。

それに、親友の英国人と話すことがあるのだが、普通のタイ人女性は「予算」の考え方ができないのである。南国で、果物が成るし、食べ物には不自由しないせいか、元々ルーズなのか、お金に関しての管理がまったくと言ってよいほど、できないのだ。

旦那、ボーイフレンド、Sフレンド、何でも良いのだが、「歩くATM」の外人が一緒であってならば、「強請れはもらえる」という感覚なのは間違いない。その辺あたりは、まあ、男女会計が壊れる一番の原因でしょうなあ。

さて、この村におさらば、というのも悪くはないだろう。なにしろ村のイベントと言えば、月二回やってくr大市くらいで、あとはこの写真にある歌手が中央市場の脇で歌うくらいなのだから。


  15 sep 11-2.JPG
  ロビンソンデパートではイベントは日常のこと

その点、街に越せば、ロビンソンもあるし、ビッグCもある。いろんなイベントもあるし、食べ物だって買い物だって不自由はしない。まあ、今回、もし、アパートに移り住むようになるとすれば、それは距離が少し遠いということだけである。

何が良くて、何が悪いのか、結構頭が白くなっている。勿論、内も外もである。サッコーン!
















posted by ラッキー at 01:38| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

村には引越し先はないのか!


【09/10】minne

【09/10】グアム旅行ナビ
【09/10】ベッド全品送料無料! 日本最大級のベッド専門店
【09/10】大容量256GB・月額1,000円(税抜)〜!レンタルサーバー【ヘテムル】



  15 sep 10.JPG
  村で一番格式のあるワット・ウタチャン

子供たちはすでに学校へ行って、私が起きたら居なかった。昨晩も遅くまでパソコン相手に大格闘して、疲れで最近は寝坊が多い。

しかし、窓を開けると母家のテーブルに座った旧家内の大きな声が聞こえてきた。しばらく聞いていると、だんだんとそれが泣き声に変わっていった。

いつもの事とはいえ、私は旧家内の泣くのを聞くのが嫌である。どうにも不憫で可哀想になる。だいたいの事は見当がつく。いつものようにお金の話である。

旧家内の悪い性格で、全部一人でため込んでしまい、話は半分以下。つまり、助けてやりたくても、いつも遅すぎるか、或は話の全容が分からないのだ。だから、下手に助けてやることもできない。下手すりゃ、「底なし沼」ってこともありうる。

それにしても、分からんのは、祖母さんである。いつも、寺から帰ってくると、旧家内の話を聞いてはいるが、これと言って解決策を助言するってこともないのだ。

もっとも、この家の子供たちが祖母さんの老後を心配して、借金までしてゴム園を始めたくらいだ。この祖母さんに何ができるって、多分何もないであろう。

旧家内も家内で、下手な商売ばかりして、資金を投入するのは大が付くほど得意だが、回収するのはもの凄く下手である。まともに商売する気を疑うほどである。

そんなこんなで、村の格式高い寺、ウタチャンの裏にある小さなモーテルを見に行ってきた。上手くすれば、ここを長期で借りることができると思ったのだ。近い方が引越しは楽である。

ところが、出てきた親爺はまったく取り合わなかった。1日、400バーツ。それ以下にはできないし、長期滞在はご無用と無下に断られてしまった。

こうなると、いよいよ引越しはあの町の中心から離れた5階の部屋になるようだ。サッコーン!











グアム 旅行

THE BED ROOM



posted by ラッキー at 03:22| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

足音が聞こえてきた世界崩壊の予感


【09/09】奇跡のハーブ、キャッツクロウの力!初回お試し1,980円(税込)【キャッツクロウスカット】
【09/09】カラーミーショップは無料電話サポート付き
【09/09】【エキサイトスカイプ英会話】無料体験

【09/09】WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』




      

余り日本のメディアは近未来の事を伝えないと思います。ところで、先月末、中国の株式が再び暴落しましたが、これはまだ「序の口」、これからが「本番」というのは気付く人はすでにお気付きのことでしょう。

今日は非常に分かり易く説明なされている青山繁晴氏のユーチューブをご覧ください。

「世界の工場」だった中国が、すでに人件費の高騰などもあり、すでにその地位は失われている現実。そして、そこから導き出されるのは「中国崩壊」であり、そのカオスはリーマンショックの比ではないと結論付けています。

いろんなシナリオは考えられるでしょう。例えば、その崩壊が内乱になる場合もあるでしょうし、不満分子を外に向ける方策も考えられる訳です。

いずれにしても、「眠れる巨人」を下手に起こすなと思っていた私ですが、「起きた巨人が倒れる」時代がすぐそこまで迫ってきているように感じられます。特に、このビデオを見た後は、ほぼ確信に変わりました。

いよいよ、9月は言えるのはイエルの月は今月です。少しでも、心構えができていれば「その時」になっても冷静に対処できるのではないでしょうか。















posted by ラッキー at 00:25| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤから発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

植草一秀氏の潔白とメディア


【09/08】minne

【09/08】グアム旅行ナビ
【09/08】ベッド全品送料無料! 日本最大級のベッド専門店
【09/08】大容量256GB・月額1,000円(税抜)〜!レンタルサーバー【ヘテムル】



  15 sep 08.JPG
  結局、何も出てこず無罪になった小沢氏

私とネット(ブログ)の橋渡しになったのは、実は植草一秀氏である。と、言っても別に私が植草氏と面識がある訳ではない。

勿論、私も植草氏の二度にわたる「事件」については新聞・テレビ等で知ってはいた。私も多くの方々同様、植草氏に「魔がさして」事件を起こしたのかと思っていた。だが、決してその報道を芯から信じていた訳ではなかった。

パタヤに越してきたのが2007年。そして2008年夏、インターネットをサーフィンしながら、あるニュースサイトに出くわした。そこで目にしたのが植草一秀氏の記事だった。

植草一秀先生、「フライデー」に勝訴
https://blog.seesaa.jp/cms/article/edit/input?id=103794804

私は植草一秀氏が「ワールドニュースサテライト」のゲストコメンテーターとして出演している頃が氏のファンで、非常に丁寧な話し方と、ちょっと低音なアルトな声が好きだった。

そして、最初の事件の報道の時から、思っていた疑問の謎が解けたと思った。どう考えても植草一秀氏が、あのような事件を起こすとは考えられなかったのだ。

「嵌められた」という事実、これで全てに合点がいった。私も含めた多くの人は、いとも簡単に「新聞」「テレビ」を信用してしまう。ある意味、仕方のない部分はある。と、いうのも、我々はそういう風に訓練づけられているからだ。

相手もそれを利用して、植草氏を追いやったのである。

私の「遺言」とは、是非、若い人に平成の暗黒の部分を知っておいて欲しいからである。すでに「平ら」で「不安」な時代もすでに27年になっている。「失われた15年」の間に起こったことが「今」を作っているのである。

お若い方はあの「バブルの時代」さえ知らないのである。日本で再びバブルが発生するかと問われれば、「分からない」としか、答えようがない。

しかし、今、中国で「上海株式の暴落」が、かつての日本のバブル同様に弾けようとしている姿は私には重なって見えているのです。

どうか、今後の将来のためにも、是非、この植草一秀氏の事件をお読みいただきたい。私が残したい言葉です。







グアム 旅行

THE BED ROOM



posted by ラッキー at 00:40| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

完全に違う今年の天候


【09/07】スカイスキャナーで航空券比較検索

【09/07】食べる指さし会話帳

【09/07】海外専用プリペイドカード
【09/07】ハンドメイド作品を販売・購入できる! ハンドメイド作品のオンラインマーケット≪minne(ミンネ)≫


  15 sep 07.JPG
  去年は夥しい虫が電気を覆っていたが・・・

田舎と言えば、私のイメージは「昆虫の天国」であり、私とは相容れない。部屋に昆虫が入り込むだけで、鵜鬱陶しいこと極まりない。ひと夏、アースの殺虫剤を何本使うか分からない。

しかし、二年目の「田舎暮らし」、今年の天候は明らかに去年と違う。先ず、雨が少ない。最近この一か月くらいは冷たい雨が何度か降ったが、5月以降、ずっと大雨が続くということがない。

何故、分かるかというと、気温が高かった去年は毎晩のように午後8時から午後10時くらいに雷と伴った豪雨が降っていたのです。落雷を心配する我が家ではインターネットの電話回線を遮断する決まりとなっていたのです。今年はそれが少ないので助かりました。

私は書斎にはテレビもありませんし、特に見たいとも思わないので不自由しませんが、ネットだけは不通になると困ります。ほとんど、パソコンでネットをしていますので、この回線遮断だけは都合が悪いのです。一度、この村で停電が発生し、復旧までに一日以上かかったことがありましたが、その時はもう大変でした。

そういう訳で、今年の8月、9月は非常にラッキーと言えると思います。天気だけはどうにもやりようがありませんからね。サッコーン!














NEO MONEY




posted by ラッキー at 11:03| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

急きょ 急きょ浮上した近所のアパート


【09/06】【GROUPON(グルーポン)】

【09/06】世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

【09/06】航空券徹底比較『スカイスキャナー』

【09/06】まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『HETEML


  15 sep 06-1.JPG
  実家から22号線を西に1kmくらいにあるガソリンスタンドとセブン

もうすでに何があっても驚かなくなってしまった自分である。ここまで、滅茶苦茶になると面倒でもさっさと越した方が良いとも思えてくる。ただし、この齢になってくると、荷造りと荷物運びが面倒なだけである。

ただ、それに加え、ちょっとややこしい事情もあるのだ。引越し先にインターネットができる環境にないと困るのである。

旧家内が連れていってくれたアパート(ホテル)にはWiFiがしっかり入っている。ここならネット環境は問題が無さそうである。このアパートの難点は一つ。それは県都サコンナコンの中心から離れていることである。

パタヤでもこの村でも私が重要視したのは、歩いて行ける距離に町があることである。ナクルアはその点100%以上、まったく問題が無かった。歩いてどこにでも行けたし、ソンテオもずっと走っている。

この村の暮らしもそういう意味では文句は無かった。大した物も行く所も無いけれど、少なくとも歩いて村の中心部まで15分程度で行ける。申し分ない。

サコンのアパートはそういう訳にはいかない。バスを利用しても、便利とは言い切れないのである。

  15 sep 06-2.JPG
  スタンドの裏手にあるアマゾンはネットもでき、エアコンも入っている

しかし、今晩の夕食時、旧家内が突然、「ねえ、近所のスタンドの裏の方にアパートがあるわよ。二階らしいの」

突然のことで何とも言えなかった。家内が続けていった。「それは3500バーツのようだわ。台所も付いているから、あなたは調理できるわよ。」

これはありがたいと思った。何しろ、サコンのアパート(ホテル)で調理したいとなると、全部買わなければならない。幾らかかるのか分からないし、どの程度の長さ、そこに住むのかも分からない。買い物も大変だし、セブンイレブンも近所にない。見渡した所、ろくに食べられるような食堂も無い。

ゴルフに行くにも不便である。テレビ、冷蔵庫は付いてないので、それぞれ追加500バーツの貸出となっている。

そんなことで、来週、この近所にあるというアパートを見に行くことになった。サッコーン!

















posted by ラッキー at 00:38| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

亡き親友の誕生日


【09/05】スカイスキャナーで航空券比較検索

【09/05】食べる指さし会話帳

【09/05】海外専用プリペイドカード
【09/05】ハンドメイド作品を販売・購入できる! ハンドメイド作品のオンラインマーケット≪minne(ミンネ)≫


15 sep 05-1.JPG

世界一早いおめでとう


今日は、私の亡き親友の誕生日である。3年前に他界されたが、本来ならば、元気に家族に囲まれて還暦祝いをしていたであろう。本当に残念である。

彼とは高校時代の同級であったが、親しくなったのは卒業後である。そういう仲の友達もたくさんいるが、その中でも、やはり同業だったことも影響が大きかったと言えると思う。

互いに「宿泊施設」を営んでおり、従業員の募集や、スタッフの遣り繰りなど、似たような環境にあったので、話題は尽きなかった。

15 sep 05-2.JPG

利家と松」放映時に訪ねた金沢城


私は未婚だったが、彼はすでにバツイチで、二人とも独身。宿泊所の経営は基本的に24/7で休み無し。その位だから、時間を取って飲みに出掛けるとぎりぎりの時間まで飲み明かした。

同じ飲むなら「飲んで歌えて、若い女性が付いた」方が楽しい。今と違い、まだバブルが弾けたばかりの頃である。私がフィリピンクラブを案内すると、彼も嵌ってしまった。

話せば尽きない思い出話ばかりである。友よ、今日は私の方から「世界一早い」誕生祝いを送ろう。ハッピー・バースデー!










NEO MONEY



posted by ラッキー at 01:29| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤから発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

ヴェールを脱いだ新居アパート

【09/04】【GROUPON(グルーポン)】

【09/04】世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

【09/04】航空券徹底比較『スカイスキャナー』

【09/04】まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『HETEML


  15 sep 04-1.JPG
  建物が何棟も建ち、さながら公団アパートのようだった

いよいよ、私の引越しが秒読みになってきた。先日、旧家内と見に行ってきたアパートはまずまずだったので、というより、此処しか他の場所は無いと言った方がよい、事実上、この部屋を借りるようになるだろう。

英国式に数えるため、一階多くなるので、4階とは即ち5階ということになる。エレベーターは無いので歩いて5階まで上がると着いた時には汗がびっしょりだった。まあ、健康的ということにしておこう。もう、こうなってくると、いちいち細かい注文はご法度である。

インターネットの環境は「良さそう」なので、しかし、まだ安心はできないが、まあ、これなら住めるかな、と言った感じだった。

  15 sep 04-2.JPG
  部屋は40平米くらいあるだろうか、結構広い

敷地内に洗濯機のレンタルがあるので、ランドリーには困らないだろう。そこで、問題となるのが食事である。アパートと呼ぶよりホテルの方が相応しい建物なので、台所とかは付いていない。即ち、調理する場所は無いのだ。そこで、外食はというと町中からは2km以上は離れているので、毎回食べに行くというのは辛い。せめて、コンビニでも近くにあれば良いのだが、ゼロ。


  15 sep 04-3.JPG
  5階の窓から見える風景は絶景であった

まあ、今の処、他に選択の余地は無いので、此処で何とかやっていかねばならない。楽しみは、この階に住むという看護婦たちとの出会いである。サッコーン!














posted by ラッキー at 02:01| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
キャンペーン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。