2015年11月05日

毎朝、飼牛に干し草を与える日課


【11/05】すっぽん小町

【11/05】wpXレンタルサーバー

【11/05】航空券徹底比較『スカイスキャナー』

【11/05】旅の指さし会話帳を国名で探す



  15 nov 05.JPG
  ロイヤル・ガーデンで見た干し草で思い出が蘇ってきた

若干17歳で単独渡米し、シアトル郊外にあるボッセル高校に転校したのが1973年の春であった。高校3年に進学はしたが、四月の半分は学校に行っていない。自分の足で東京までビザの取得のため、通っていたためである。

当時はネットなど無い40年も前のこと。自分で聞いたりして、どこでどうすれば良いのか調べたのだ。断っておくが、その頃は留学の手続きなどしたことのある旅行代理店など地方都市では無かったのである。

忘れもしない、帝国ホテル内にあった藤田観光の事務所に出向き、いろいろ聞いたら、アメリカ大使館に行って自分で申請できると教えてもらった。勿論、それなりの料金を払えば、代理店として藤田観光でもやってくれるのは、当然のように言われた。

だが、私は自分で取得することを選んだ。理由は私に続く後続組が現れた場合、教えてあげることができると思ったからだ。

そんなこんなで、単独の渡米を決めたのが、その年翌月の5月5日、こどもの日。未だにずっと私の個人的「記念日」である。

真直ぐ呼ばれたワード家へは行かずに、ロスアンゼルスのコリーンの家を訪ね、その後サンフランの安蔵さんを訪ね、サンフランから飛んでバンクーバーのキャロリンに会いに行った。バンクーバーからグレイハウンドのバスで国境を越えてシアトルに入るとダウンタウンのグレイハウンド乗り場にワード家が出迎えに来ていた。

今、一瞬であるが、その時の様子が脳裏をかすめた。もう、42年も前の記憶である。私の体の一部に記憶が残っていたのだろう。実際、ワード家は「恩人」ではあるが、相性は最悪のものだった。

パタヤで見た干し草ですぐに当時を思い出すことができるのは、「干し草」がすでに「キーワード」として頭に打ち込まれているからだ。

何しろ地方都市の中心部、老舗の割烹料亭の次男として生まれた私は農家の暮らしなど見当もつかない。勿論、その家に一年前ホースステイしたことはあったが、「一週間」のゲストと「住む」ことになる留学とでは全然話は違った。

そのワード家では、でかい敷地に馬一頭と飼牛10数頭いたのだが、学校へ登校する前に飼牛に与える干し草の登板は息子のトムと私の交代制であった。

ずるいトムに嫌がらせをされ、何度も彼の当番の代わりをやらされた。ユニフォームが無い自由服の学校なので、通学には普通のシャツしか持っていっていなかった私は、朝起きてシャツとズボンに履き替えてから、農作業となる。

作業が終わると、干し草がきれいなシャツにこびりついていた。「これはえらい所に越してしまったなあ」というのが、正直、素直な気持ちだった。















posted by ラッキー at 00:50| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シアトル留学時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

日本からの新米が美味〜い!


【11/04】minne

【11/04】グアム旅行ナビ
【11/04】ベッド全品送料無料! 日本最大級のベッド専門店
【11/04】大容量256GB・月額1,000円(税抜)〜!レンタルサーバー【ヘテムル】



  15 nov 04.JPG
  親友が日本から土産に持ってきてくれた文字通りの「銀シャリ」美味〜い!!

昔、母から「オイシイご飯はおかずが要らない」ということを聞いたことがあったが、本当にその通りである。日本を出てきたからにゃ、同じような物が食べられるとは思ってはいないし、それは無理だと覚悟もしている。しかし、そうは言っても美味しい物は美味しいし、美味い物は美味いのだ。

先日、仲間が日本から遊びに来てくれた時、一緒に日本の新米をいただいた。早速、家に戻るといただいた新米を大事に冷蔵庫にしまって冷温保存してある。

大事にいただいている新米であるが、これがとても美味しい。汗水流して精魂込めて親友が作ったお米である。最初は5kgくらいいただけると聞いていたので、家内と実家の義母などにもお裾分けと考えていたが、一年一緒に住んでみて、その必要は無くなった。

どういうことかと言うと、お米を大事にしないことが分かってしまったからだ。その上、無駄にするから、大事な新米を無駄にされては親友に申し訳ない。

私は娘には聞かせたことがあるのだが、日本のお米はどれだけ価値が違うのか、ジャポニカとインディカ米の違いなど、少しは理解してくれただろう。だが、義母と家内は絶対に無理である。頭から田舎の暮らしが「良い」と決めてかかっているから、聞く耳と理解する頭を持たない。

「米を買うお金が無い」と騒ぐ一方で、前日の残飯を冷蔵庫にも保管しないで、捨ててしまうのは一度や二度ではない。彼等の言い分は、焚いたご飯は冷蔵庫では保管しないのだ。臭いが着くとでもいうのだろう。だが、暑いタイで一日、常温に置いておけば、すぐに腐ってしまう。だから、捨てることになる。

実家の話はもうよそう。そんなことより、この田舎では海からは遠すぎて刺身になるような魚は無い。そこで、ベストなチョイスはトップスのサーモンである。マグロもあることはあるが脂が乗っていないから、美味しくはない。それより、サーモンの刺身の方が美味しい。

日本では昔はサーモンは刺身のネタにはしなかった。ロシアからの逆輸入とでもいうのだろう。早速、買ってきて、銀シャリと一緒に食べてみた。

美味い、旨い、まったく美味〜い!格別の味を堪能できた。娘が遊びに来たらご馳走してあげよう。サッコーン!







グアム 旅行

THE BED ROOM



  
posted by ラッキー at 01:48| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

気になる木


【11/03】【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材
【11/03】憧れのスイートが50%OFF!高級ホテルの宿泊予約は【一休.com】

【11/03】「お名前.com プレミアムドメイン」ビジネスの成功は価値あるドメインから

【11/03】年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─



  15 aug 07.jpg
  私が書斎の前の庭に植えた木はどうなっただろう?

名前は知らない(聞いたが忘れた)木だが、村の大市で買ってきて、書斎の前の庭に植えたのは、確かまだ肌寒い頃だったと思う。

毎日、水を掛けていたが、二週間ほどで一度枯れてしまった。旧家内に聞くと、どんどん水をやれば、大丈夫だというので、それから普段より多めに水を与えてみた。

すると、茶色に枯れていた葉も再び、輝き出し新しい芽が出てきた。一度、咲いてしぼんだ花が再び咲くのを見る機会も無く引っ越してしまった。

あの木は今頃、どうしているだろう?二週間ほど前に旧家内から電話があり、いろんな話をしたが、植木の話はしなかった。恐らく彼女は気にしていないだろう。

私が猫の事を夢中で聞くと「私より猫の方に関心があるのね!」と怒っていたが、やはり猫と金魚とこの木のことが気がかりである。それらは、あの実家において私の「友」だったのだ。サッコーン!




ネイティブイングリッシュ









posted by ラッキー at 02:47| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

ハロウィーンのバカ騒ぎ 米国の第51番目の州


【11/02】minne

【11/02】グアム旅行ナビ
【11/02】ベッド全品送料無料! 日本最大級のベッド専門店
【11/02】大容量256GB・月額1,000円(税抜)〜!レンタルサーバー【ヘテムル】



日本、東京でだいぶ派手なハロウィーンが行われたようですね。私は米国育ちなのでハロウィーンはどういったものか知ってますが、日本のそれはただの「仮装行列」でしょう。外見だけ真似してるってこと。

中身も何も無しで、形だけ。

でも、成田空港でも時々、見掛けますが若いアメリカ人がビールを飲みながら「日本最高」って絶叫してましたね。

そりゃそうでしょう。アメリカで彼が同じような行動をとったら、すぐに警官に補導されるでしょうよ。そういった意味ではその小僧の言った「日本は最高」ってのは分かりますよ。

でも、政治的にも経済的にも日本はすでにアメリカの枠に組み込まれていて、「憲法」だの「自衛権」だの騒いでも、まったく意味を為さない状態にすでになっているというのが実情でしょうね。

で、あれば、私の意見としては、さっさと「第51番目の州」に入れてもらえば、面倒くさい議論はまったく要らなくなるのですよね。そうでなく、自立しようとするなら、アメリカ文化の真似事は止めるべきですよ。やりたいなら、アメリカに行ってやれば良いのですから。







グアム 旅行

THE BED ROOM



  
posted by ラッキー at 00:33| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本が危ない! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

村での暮らしから町中のアパートへ越して劇的に変わったこと


【11/01】すっぽん小町

【11/01】wpXレンタルサーバー

【11/01】航空券徹底比較『スカイスキャナー』

【11/01】旅の指さし会話帳を国名で探す



  15 nov 01-1.JPG
  村の暮らしには欠かせなかったセブンイレブン

今日から11月、早いもので今年も残り二か月となりました。9月末に家内の実家を出てからひと月が経つのですね。

以前も話しましたが、村の暮らしに慣れるまでに一年を要しましたが、町中の快適なアパートの暮らしは僅か一日で慣れてしまいましたね。

振り返ってみると、劇的に変わったことが幾つかあります。一つは、セブンイレブンに行かなくなったことでしょうか。実は私の住むアパートの近所にはセブンイレブンが無いのです。町中に住んでいて、近所にセブンイレブンが無いというのは?解せない人もいるかも知れませんが、実は街外れなのです。

とは、言っても市内を走る巡回バスもあり、それほど不便でもありません。買い物はほとんどビッグCでできます。それから、運の良いことにセブンは無くてもアパートの対面にはテスコロータスの小さなバージョンであるロータス・エキスプレスがあるのです。

勿論、コンビニほどではないのですが、ほとんどの物が揃っています。金額は特に安いわけではありませんが、用は足せます。

劇的に変わった暮らしと言えば、村ではあれほど行っていたセブンイレブンに行かなくなったことでしょうか。セブンが無いのだから行かない訳ではありません。「コンビニ」の語源である便利なコンビニ、最初はビッグCに行ったついでにホテルMJまで歩いていき、その近所にあるセブンイレブンは利用していたのです。

越してきて二週間は利用していました。何故ならアパートで自炊する準備ができなかったからです。毎日、パソコンの作業に追われる暮らしでしたので、セブンで冷凍食品を補充しておいて、それで食事を賄っていました。

10月中旬に日本から親友たちのグループがパタヤ訪問のスケジュールが入っていたので、そちらが大事なので、家の暮らしはすべて後回しにしました。そして、パタヤから戻った私にご褒美が待っていました。

それは、実に便利な調理器具、小型の電気鍋のセットを見つけたのです。勿論、ビッグCです。こんな小型の物は村では絶対に売っていません。それほどニーズが無いからでしょう。だって、一人か二人用なのですからね。大所帯の村民の暮らしでは、こんな一人用の鍋など必要ないのですよ。

そして、これが安かった。セールだったのか忘れてしまいましたが、400バーツ以下だったと思います。これで、全ての物がほとんど自宅で調理できるようになりました。劇的に変わったのはこの点です。外食もしなくなったし、冷凍食品オンリーからも解放されたのです。

そして、セブンイレブンにも行かないので菓子パン類を食べることも無くなりました。実は私はセブンの菓子パンは好きなのです。でも、それほど安いとは言い切れず、むしろどちらかというと高めの設定。村での暮らしでは、ほぼ毎日食べていました。書斎で深夜など、腹が減ると食べるし。

それから、セブンに行かないので、コーラなどのシュガーが一杯詰まった飲料水をほとんど飲まなくなりました。自宅に居る時がほとんどですので、自分で作った重曹とレモン水、又はお酢と蜂蜜のスペシャルドリンクだけです。こんな健康志向はパタヤ以来です。

そんなこんなで、食生活がまず劇的に変わりました。あの、ぶっ固いカウニャオ(お強)を食べなくなって、気分が良い毎日です。どれ、ではまたパソコン作業に戻りましょう。サッコーン!















posted by ラッキー at 12:31| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

偶然見つけた博物館にはプラネタリウムの併設されていた


【10/30】Amazon輸出、輸入を始めたい方におすすめのツール

【10/30】急げ!新ドメインは早いもの勝ち!

【10/30】wpX

【10/30】ゲームやアンケートでお小遣いゲット!⇒ネットマイル



  15 oct 30-1.jpg
  博物館とあるので、行ってみたらプラネタリウムも一緒にあった

28日の水曜日は少し前だったが、90日レポートで入管に行くことにした。ぐるぐる回る市内バスに乗っていたお蔭で、歩いた方が近道になると分かっていた。問題は「犬」だけである。昔は猫より犬の方が好きだったが、今ではすっかり嫌犬派になってしまった。

理由の一つは、私はよく歩くのだが、犬が突然吠え掛かったりするのが大嫌いなのだ。この一年はずっと大好き人間に変わってしまった。猫は吠えたりしないし、危害を加えたりもしない。騒ぐとしても、猫同士の喧嘩くらいである。

さて、いつものようにアパートを出てメインロードから、一直線にビッグC方面に歩く。銀行の角から左に曲がるとビッグCであるが、入管のある警察署までは真直ぐである。二本目の交差点まで行くとワット・プラタートが見えてくる。サコンナコンのシンボルであるラオス式のタワーが見えると入管まではすぐそこである。

家を8時過ぎに出て、9時前には入管に付いていた。水曜日ということと関係しているかどうかは別として、中は空いていて。先客が一人、ビザ申請にタイ人の奥さんと一緒だった。その人を相手にしながら、担当官は私に声を掛けた。

当然、タイ語である。「今日は何の用で?」と聞かれたので「90日レポートだ」というと、その係官はパスポートを持って来いという。すでに、用紙は家で記入してきてあるので、手渡すとすぐにやってくれた。

てっきり、パスポートを返してもらい終わりだと思ったら、カウンターまで呼ばれ、幾つかの質問をされた。「サコンナコンで、何をしている?」「今日は何故一人で来たのか?」などと下らない質問を受け、「次回は日本から菓子折りを持ってくるように」と冗談ともとれる賄賂的要求をして帰された。

帰り道、ロビンソンで買い物をして帰ろうと、バスに乗らず、ソンテオ乗り場まで歩くことにした。すると、途中で「博物館」とある道路標識を見つけた。今日は水曜日、博物館は開いている曜日だ。時計を見るとまだ10時。

私は通り過ぎるかどうか迷ったが、せっかく近くに居て、時間もあるのだから、行ってみることにした。毎日、パソコン打ちで部屋に閉じこもりっ放しの生活。たまに外に出たのだから、気分は爽快だった。歩くこと5分。

行ってみると、建物が二棟建っていたので不思議に思っていると、手前にあるのはプラネタリウムだった。奥にある建物が博物館だった。私はせっかくだから、手前のプラネタリウムも覗くことにした。中に入ると係り員が三人、カウンターから挨拶した。

時間を聞くと上映開始は11時だという。まだ、10時半だったので、「じゃ、先に博物館を見てくるよ」と言い残し、奥野博物館を訪れた。どちらも入場料は無料で、外人料金など存在しない。気に入った。

博物館には客はおらず、若い女性が案内人として登場し、地図の見せながら館内の施設の案内をしてくれた。勿論、全てタイ語である。彼女は最初にDVDのショーがあるので、1番館から入れという。中に入ると大きなスクリーンに客席。100人以上は入れるシアターはまだ新しく観客は私一人だった。

先程、館内の案内をしてくれた女性が中に入ってきて、DVDはタイ語がいいか英語がいいか聞いてきた。私は勿論、英語を選んだ。DVDはサコンナコンの伝統文化、歴史、日常生活、地理などにまとめられていて15分程度によくまとめられていた。

終わって外に出ると、同じ担当の女性が、「館内の案内は必要ですか?」と聞くので、せっかくだから、彼女の申し出を受け入れた。8ブロックに分かれている館内を彼女の説明でゆっくり見て回ることができた。時計を見るとすでに11時になっていた。

私は急いでプラネタリウムに向かった。すると、そこには水曜日なので、男子生徒が四人ほどいた。学級で授業に来ていた訳では無かった。授業でもさぼってやってきたのだろう。

中まで案内してくれた博物館の女性は「私はここで失礼します」と挨拶して、プラネタリウムの男性担当とスイッチした。「大丈夫よ、彼はタイ語が分かるから」と言い残して出ていった。

今度は担当の男性係り員が、館内を案内して、最後に名―ンフィーファーの天体ショーである。中の椅子も新しく、リクライニングのスタイルで天井にある円球のスクリーンに映し出される宇宙の惑星。こちらはタイ語だったが、映像を見ながらタイ語の説明を聞くのは興味深かった。

太陽系の惑星と星座のビデオショーは10分程度で終わった。星座のショーは予想した通りちょっぴり妻わないものだっったが、できたばかりの新館で見る天体ショーには文句は無かった。

担当官に聞くと、このプラネタリウムはできてからまだ一年も経っていないそうだ。僅か八か月である。税金を使って作られたプラネタリウム、県民のどれだけが利用するのか考えてみたら、おかしくなってしまった。

さて、どうやってソンテオ乗り場へ行こうか、男性担当官に近道を聞いてみた。すると、しばらくタイ語で説明してくれていたが、雑木林を通り抜けて行くと近いという。私が不安げな顔をしていたので、「ちょっとお待ちください。私がバイクでお送りします」と言って、自分のバイクでサコンナコンのシンボルである巨大なサコンナコン・ゲートまで送ってくれた。

この日は一日、気分のよい外出ができた。サッコーン!
















posted by ラッキー at 01:47| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

風光明美なアパートの部屋の唯一の弱点


【10/29】minne

【10/29】グアム旅行ナビ
【10/29】ベッド全品送料無料! 日本最大級のベッド専門店
【10/29】大容量256GB・月額1,000円(税抜)〜!レンタルサーバー【ヘテムル】




  15 oct 29.jpg
  これは室内の分だけで、ベランダにはこの三、四倍もの死骸が毎朝

すっかり気に入ったアパートのマイルームであるが、唯一、残念なことがある。エレベーターが無いのも苦にはならないし、階段を上り下りするのは問題ではない。

部屋のベランダから眺める学校の風景も気に入り、遠くに見えるカラシンの山々も大好きだ。だが、密閉性のよい部屋は気に入っているものの、夜になりベランダの扉を開ける訳にはいかない。これがこの部屋の唯一の弱点である。

それに気付いたのは、アパートに越してきてすぐだた。朝日が昇ってくるのは、左手にある学校のグランドの方向である。私の部屋は南に面しているので、左手となる。右手の西に日が沈み、夜になるとだいたい真っ暗である。

  15 oct 29-2.JPG
ベランダのガラス戸の外側に落ちている昆虫の残骸

朝になり、外でコーヒーを飲もうとベランダに出て驚いてしまった。ベランダの床が真っ黒なのである。何だろうとよく見てみると、それは昆虫の死骸だった。それほど、昆虫がいるのだろうか?此処はビルの5階であるぞ。

夜になって窓ガラス越しに、外を見てみた。飛び交っている虫は見当たらなかったが、驚いたのは窓ガラスであった。そこにはびっしり昆虫が貼り付いていたのだ。これが、朝の死骸の正体だったのか。

それ以来、夜になってもベランダのガラス戸を開けなくなってしまった。勿論、当然ながら網戸は付いている。が、しかし、開閉すれば、間違いなく大量の昆虫が部屋に入り込むのは火を見るより明らかなのだから。これだけが残念なアパートである。悔しいサッコーンである。







グアム 旅行

THE BED ROOM



  
posted by ラッキー at 15:24| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

学校が見える風景


【10/28】ボリュームやハリにお悩みの方へ【ティティプル】

【10/28】急げ!新ドメインは早いもの勝ち!

【10/28】WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー『ヘテムル

【10/28】ハンドメイド作品を販売・購入できる! ハンドメイド作品のオンラインマーケット≪minne(ミンネ)≫



  15 oct 28.JPG
  ベランダの外は学校が広がり遠くカラシンの山々が見える


4階とはいうものも実質5階に住んでいる私は階段のため、毎日、良い運動になる。食料品の買い物以外には、外出する用事もなく、パソコンでの作業に追われる私にとっては5階というのは苦にならない。

それどころか、地上20メートルともなると、結構、眺めが良いので、気分は悪くない。私の部屋のベランダからは、となりにある学校がよく見えて、その校舎の後ろには壮大なカラシンの山々が遠く望める。

昨日まで、学校が秋休みだったのだろう。始業式が始まり、8時になると国歌の演奏が鳴り響く。田舎での拡声器から流れる嗄れ声のアナウンスよりはるかに気分が良い。ここでは、村で流される早朝5時からの広報は聞こえてこない。

私の日本の実家は商業地区のど真ん中だったが、小学6年の時に、両親が学校地区に家を建て引っ越した。それ以来、ずっと、そこで育ったのだが、目の前が幼稚園と小学校だった。

学校が見える風景を私は愛している。やはり、若いエネルギーを感じるからだろう。そして、自分の人生を振り返った時、4歳で幼稚園に通いだし、高卒前にアメリカの高校へ転校、そこから、ジュニアカレッジに大学と長く学校には通った。

サイパンで日本語教師をしていた時代もあった。学校と教育というのは、私の人生にとっては、一つのテーマなのであろう。社会学と心理学(余暇学なども含め)を専攻して、専門職に就くことはなかったが、それでも自分の人生にテーマがあるというのはありがたいことである。

比較文化学なども大好きだったが、タイでも暮らし、まさにそれを実現しているのだから、こんな素晴らしいことはない。サッコーン!
















posted by ラッキー at 10:46| バンコク 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

市バスの運転手の給料は月給300バーツ!!?


【10/27】ゲームやアンケートでお小遣いゲット!⇒ネットマイル

【10/27】登録済みドメインでも手に入る「お名前.com プレミアムドメイン」

【10/27】WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー『ヘテムル

【10/27】スカイスキャナー



  15 oct 27.JPG
  ビッグCの裏側から出て東へ、最初の信号を右に曲がるとアパートまで1.5km


本当に便利なアパートに越してきたものである。家内には感謝・感謝である。最初は市の中心部までだいぶあり、歩くのも苦になるかと思ったが、意外とそうでもない。アパートから歩いても20分程度であるがら。幸福で丁度良いくらいであろう。

ただし、日中は日差しが暑いので、それだけが若干大変だが、今の生活でパソコンの時間でほとんど費やされるので、買い物を兼ねた外出は暑くても平気である。

市バスが走る運行路線なので、疲れたり急ぎの時は市バスを利用する。タイの暮らしもマイカーとバイク利用する者がほとんどなので、市バスを利用するのは学生と車が無い私くらいであり、車内はいつも空いている。
空いている公共の乗り物ほど安くてありがたいものはない。

或る時、運転手と話をしていたら、たまたま給料の話になった。私は興味があったので、運転手に月給は幾らだと聞いてみた。すると、驚いたことに返事は300バーツであった。聞き間違いではない。彼ははっきりした口調で「サム・ローイ」と答えたのだ。

まあ、オンボロバスの運転手、どういった経営になっているのか知る由もないが、だいたい彼の言ったことは正しいのだろう。確かに300バーツでは、生活は成り立たないのは誰にも分かることだが、タイのシステムっていったいどうなっているのだろう。サッコーン!















posted by ラッキー at 00:31| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

すっかり忘れた村の大市


【10/26】minne

【10/26】グアム旅行ナビ
【10/26】ベッド全品送料無料! 日本最大級のベッド専門店
【10/26】大容量256GB・月額1,000円(税抜)〜!レンタルサーバー【ヘテムル】



  15 oct 26-1.JPG
  見慣れた光景でも足が向いてしまう田舎村の暮らし

人間とは、とかく不思議な生き物である。それを象徴するのが、田舎村で開かれていた太市である。村に越してきたばかりの時、甥っ子が「お父さん、明日は太市だよ」と言って聞かせてくれたものである。

毎月2日と16日にやってくる太市。ほとんど95%以上、ほぼ100%毎回、同じ業者が同じような物を持ってくる。一度、見てしまうと、二度目以降は、だいたい全部のことが分かってしまう。


  15 oct 26-2.JPG
  全部の店は頭に入ってしまっていた

朝早くから村人の婆さんたちが声を掛け合って太市に向かう姿を見て、「なんて可哀そうに」と思った私だったが、いつの間にか、自分も太市を待っているようになっていた。待っているといっても、何かを買い求める訳ではない。

前述した通り、すでに売っている物は分かっているし、値段だって特別安い訳じゃない。むしろ、高い物もあるくらいだ。だが、何も無い村での暮らしをしてみると、この太市はアクセントになっている。以前は日付を聞けば、「あと何日でタラートだ」なんて思ったくらいであす。恥ずかしいが事実である。


  15 oct 26-3.JPG
  他に楽しみが無いのだから頷ける

それが、サコンナコンの街に出てきて、二日ないし三日には買い物にビッグCに出掛けるようになると、あら不思議。2日も16日もない。いつでも必要ならデパートに買い物に行けるのである。すっかり、太市は頭から離れてしまった。サッコーン!







グアム 旅行

THE BED ROOM



  
posted by ラッキー at 00:31| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
キャンペーン