2016年06月06日

涙は明日に ジローズ



素敵な歌でしたね。

杉田二郎の声は、優しくて暖かいです。

セイヤングでしたか、文化放送のDJもやっていたような記憶があります。あの、亡くなった土居まさるもやってましたね。

posted by ラッキー at 19:02| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

あの頃



胸がキュンとなるのは今も同じですねえ。あの頃の歌は良かったです。
posted by ラッキー at 00:37| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

思い出せ「ノーパン、しゃぶしゃぶ」大蔵省官僚



さすがに元財務官量、高橋洋一氏の指摘は暴露に近いものがありますね。

元々、多くの日本人官僚、政治家は「色欲」が旺盛ですからね。

ハニートラップなんて、簡単に受け入れてしまうでしょう。

やはり、マスコミを何とかしないと、ふつーの日本人には、想像できないのでしょう。いろいろ、擦り込まれてしまっていますからね。
posted by ラッキー at 17:21| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

あまりの美しさに涙がボロボロ流れる歌


【12/21】Amazon輸出、輸入を始めたい方におすすめのツール

【12/21】急げ!新ドメインは早いもの勝ち!

【12/21】wpX

【12/21】ゲームやアンケートでお小遣いゲット!⇒ネットマイル






こんなに素晴らしい歌声を聞いたことはしばらくない。兎に角、凄い歌声です。とても、きれいで感涙でした。

















posted by ラッキー at 22:28| バンコク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 私の遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

ユダは裏切者ではなかった!!


【11/29】minne

【11/29】グアム旅行ナビ
【11/29】ベッド全品送料無料! 日本最大級のベッド専門店
【11/29】大容量256GB・月額1,000円(税抜)〜!レンタルサーバー【ヘテムル】






ヒストリーとは歴史のことだが、「His story」というのは、広く知られていることである。

聖書の難しさはそのアナロジーにあり、読解力が求められるし、聖職者から説教を受けても、すんなり理解できないことも多い。

さて、イエス・キリストが殉死することを神によって命ぜられていたのであれば、それは預言されていたことであり、そのきっかけとなった「ユダの裏切り」とされる行為もイエスは知っていたはずであり、そのような観点から見れば、ユダは自分の勤めを果たしたことになる。

このユダの福音書を見ると、ユダは誤解されるのを承知で、自分の役目を果たしたことになるだろう。

私はこの説が理解できるような気がするのだ。






グアム 旅行

THE BED ROOM



  
posted by ラッキー at 00:30| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

物を捨てて自由になろう


【11/23】minne

【11/23】グアム旅行ナビ
【11/23】ベッド全品送料無料! 日本最大級のベッド専門店
【11/23】大容量256GB・月額1,000円(税抜)〜!レンタルサーバー【ヘテムル】



  15 nov 23.JPG

「物を捨てると、時間が生まれる」という。まったく、その通りであると思う。

断捨離をして、初めて気づいた「5つの無駄な時間」

諸般の事情からタイへ越してきたばかりの時は、スーツケースにショルダーバッグ、ボストン一つにラップトップ一つだった。

入居したホテルの部屋も広かったのが、だんだんと狭くなっていった。住んでいると自然と物が「増えて」します。植木等ではないけれど「分かっちゃいるけど」なのだ。

一年半前の引越しには、それまで7年間で「貯めた」ものを整理して、田舎へもってきた。だが、そのほとんどが手を付けずにそのままになっていたのがおかしかった。もっとも、それが理由で9月の引越しは一週間で荷造りができたのだが。

この記事にあるように、これからはこのような生き方が主流になっていくような気がする。いろんな意味で、生活環境が変わるような時代が待っているような気がするからである。マヤのカレンダーも不思議と頷けるだけの「人類の進化」をサジェストしているが、どうやら「良し悪し」は別として、劇的変化が近い将来にもたらされるのではないだろうか。







グアム 旅行

THE BED ROOM



 
posted by ラッキー at 00:46| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

理解できるなら凄いビデオです


【11/22】ゲームやアンケートでお小遣いゲット!⇒ネットマイル

【11/22】登録済みドメインでも手に入る「お名前.com プレミアムドメイン」

【11/22】WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー『ヘテムル

【11/22】スカイスキャナー






Great video to watch, if you understand. Watch it tow, three times, then you will.

近いうちに大きな社会変化が待っているようです。

この変化にどうしたら、対応できるのか、その答えはビデオで語られています。














posted by ラッキー at 01:58| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

科学のビデオは違う発想を生む


【11/21】すっぽん小町

【11/21】wpXレンタルサーバー

【11/21】航空券徹底比較『スカイスキャナー』

【11/21】旅の指さし会話帳を国名で探す





基本的に楽天家の自分だが、社会を見る限りそれほど楽天家でもいられない、というのが私の価値観である。

科学の進歩もそれほど、「社会的」に人間を成長させてとも思えないのだが、それも一つの理由で長生きを望まないできた。

歳をとって、「ここが痛い、あそこがいうことを聞かない」という状態で長生きしても・・・、と思っていたのだ。

だが、最近、科学のビデオをよく観るようになって、若干だが、気持ちが変わってきた。特別、自分の人生が惜しくなったということではない。

そうではなく、DNAの研究においては、膵臓の再生も可能になるかも知れないとか、水星の様子が2024年ごろ明らかになりそうだ、とか、そんな事を見ていたら、「長生き」して、それを見てみたいという思いが生まれてきたのだ。

それから、歴史的対立である基督教とイスラム教の対立とか、米ソの関係、そして中国の将来など、やっぱり見てみたいという思いは強い。

たまには、こういうビデオを見ると、また新たに違う世界が見えてくるものなんでしょう。















posted by ラッキー at 23:54| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

人間の寿命を延ばすテクノロジー


【11/20】すっぽん小町

【11/20】wpXレンタルサーバー

【11/20】航空券徹底比較『スカイスキャナー』

【11/20】旅の指さし会話帳を国名で探す



  15 nov 20.JPG
  20年後の世界は想像もつかない「世の中」になっているでしょう


清原和博のニュースを見ていたら、「アルカトラズ」という映画が目に留まった。この映画は清原にまったく関係はないが、「アルカトラズ」の寸評が気になったのだ。

恐らく一番短くストーリーを表現したものだろうが、要約するとあの罪人を収容したアルカトラズ島から脱獄した囚人たちが、現代に突如として現れるという物語らしい。

以前の私だったら、簡単にパスしていた内容である。しかし、最近になり最新のテクノロジーと最先端の科学技術の進歩を目にするようになって、同じ??でも「さっぱり分からん」「信じられん」から??「なんで?」「ひょっとしたら?」と??の意味がが自分の中で変わってきたのだ。

今年になり特に興味を持ったのが「量子」の世界である。最初はのんびり見ていたのだが(ユーチューブ)、アインシュタインの法則などの説明だったからだ。自分の意識の中では「なんて古い・・」なんて思っていたのだが、物理学の専門でもない私を引き付けるのに十分だった。

そして、物理学の進展が、物質の最小を追いかけるうちに、原子、電子をはるかに超えてナノよりももっと小さな物質「量子」への世界へと入っていく。その量子の研究から分かってきたことが、今までの常識を覆すほどの威力を持っていたのである。

そして、テーマは「時間」の概念にまで入っていくのだが、どうやら私たちが知らないところで、別の時間の空間が存在していて、タイムトラベルが実際に可能らしいのだ。

テレポーテーションと呼んでもよいものか、兎に角、別の次元空間がありその場所へ人間が移動できるようになるというのである。

この映画のテーマ、以前だったら「そんな馬鹿な」で切り捨てていた私だが、(映画自体にそれほど興味はないのだが)テーマ自体が気になったのだ。

昔からよく耳にしていた言葉に「人間が頭で考えたことは、すべて実現してきており、もし、未だに無いとしても、将来必ず実現する」ということだ。確かに、それが事実であるということは、身の周りを眺めるだけで分かることである。

すでに、量子コンピューターが稼働しており、医薬品などの「スーパー」発明が行われ、寿命を延ばす薬の開発など、それほど遠い将来まで待たなくても実現可能な領域に入ってきた最先端の科学のようである。

何でも「幾ら食べても糖尿病にならない」DNAを突き止めたらしい。今の寿命を少なくとも1.5倍、もしかしたら軽く2倍くらいにはなっているかも知れない近未来、これから一体何が起ころうとしているのだろう。















posted by ラッキー at 11:33| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

植草一秀氏の潔白とメディア


【09/08】minne

【09/08】グアム旅行ナビ
【09/08】ベッド全品送料無料! 日本最大級のベッド専門店
【09/08】大容量256GB・月額1,000円(税抜)〜!レンタルサーバー【ヘテムル】



  15 sep 08.JPG
  結局、何も出てこず無罪になった小沢氏

私とネット(ブログ)の橋渡しになったのは、実は植草一秀氏である。と、言っても別に私が植草氏と面識がある訳ではない。

勿論、私も植草氏の二度にわたる「事件」については新聞・テレビ等で知ってはいた。私も多くの方々同様、植草氏に「魔がさして」事件を起こしたのかと思っていた。だが、決してその報道を芯から信じていた訳ではなかった。

パタヤに越してきたのが2007年。そして2008年夏、インターネットをサーフィンしながら、あるニュースサイトに出くわした。そこで目にしたのが植草一秀氏の記事だった。

植草一秀先生、「フライデー」に勝訴
http://blog.seesaa.jp/cms/article/edit/input?id=103794804

私は植草一秀氏が「ワールドニュースサテライト」のゲストコメンテーターとして出演している頃が氏のファンで、非常に丁寧な話し方と、ちょっと低音なアルトな声が好きだった。

そして、最初の事件の報道の時から、思っていた疑問の謎が解けたと思った。どう考えても植草一秀氏が、あのような事件を起こすとは考えられなかったのだ。

「嵌められた」という事実、これで全てに合点がいった。私も含めた多くの人は、いとも簡単に「新聞」「テレビ」を信用してしまう。ある意味、仕方のない部分はある。と、いうのも、我々はそういう風に訓練づけられているからだ。

相手もそれを利用して、植草氏を追いやったのである。

私の「遺言」とは、是非、若い人に平成の暗黒の部分を知っておいて欲しいからである。すでに「平ら」で「不安」な時代もすでに27年になっている。「失われた15年」の間に起こったことが「今」を作っているのである。

お若い方はあの「バブルの時代」さえ知らないのである。日本で再びバブルが発生するかと問われれば、「分からない」としか、答えようがない。

しかし、今、中国で「上海株式の暴落」が、かつての日本のバブル同様に弾けようとしている姿は私には重なって見えているのです。

どうか、今後の将来のためにも、是非、この植草一秀氏の事件をお読みいただきたい。私が残したい言葉です。







グアム 旅行

THE BED ROOM



posted by ラッキー at 00:40| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

人間の人生とは全く分からないもの

   15 jul 22-1.JPG
   経営が順調で新規建築直後に床上浸水の被害にあった工場

今週は「人生の長さ」や「運、不運」について考えさせられることが二つほどあった。一つは親友の母が元気で96歳の誕生日を迎えたこと。何が素晴らしいかというとご長寿の方々にはつくづく敬意を表したいが、健康であるということだ。

ただのご長寿ではなく、元気で健康なのだ。これは素晴らしいことだと思うなあ。私は基本的に延命のための医療を支持しない人間なので、健康で元気に人生をまっとうするのが究極の目的だと思っている。親友のお母さんとはかれこれ40年近く旧知の間柄となるが、互いの顔を見ただけで、笑顔になれる素晴らしさは本当に生きていて良かったと素直に喜べる。

人生、ある意味、「神のご加護」が無ければ96歳まで生きることは難しかったであろう。病気、怪我、事故等、何時何が起きるか分からない。つまり、何があってもおかしくないのが人生である。そのような何でも有りの世の中、いろんな試練を掻い潜りながら生き抜いてきた訳である。

   15 jul 22-2.JPG
   ベガスで大金を当てたお巡りさんも知っている

さて、二つは正反対の事例となろう。こちらも大の親友だが、英国人の彼は豪州でもビジネスを成功させており、ある程度の地位を地位を築いてリタイアした。すでにタイでの再婚を果たして娘も設けた。豪州と英国の資産を売却して、その資金でゲストハウスを購入し、誰の目にも全てが順調に行っているように思えた。

ところが、人生、何が起きるか分からない。ご婦人が奇病に罹り、緊急入院。そして、数日前に緊急手術となったのだ。彼の話を聞いていても、やはり医者の説明が不十分であったり、原因不明ということを言われて、非常にナーバスになっていた。

人間、絶好調の時ほど「落とし穴」が待っていたりするものである。やはり、このような事を考える時、「やり残しの無いように全力でやりたい事をしておく」というのが大事なメッセージであるように思える。











THE BED ROOM

相続ドットコム

国内宿泊


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
posted by ラッキー at 01:37| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

人生は長いようで短い

    15 jul 11.JPG
    パタヤ時代も良き思い出だし、新たな目標になったね

20代の方々へお伝えしたいことは、何でもチャレンジ、どんどん前に行って欲しいですね。人間社会、やってはいけない事、あってはならない事は理性と直感で分かっているものです。人の道を外すことでなければ、どんなことでも良いでしょう。失敗を恐れず、行動に移して欲しいです。

30代の方々に言い残したいことは、「やっている事に全力で取り組むこと」ですね。同じ事をするにも、適当、いい加減にするのと全力疾走するのでは、中身が違います。そして、あなたの姿に目を留める上司が必ず居るものです。

40代の方々にお話したいことは、すでに「観覧車は下り始めている」ということですね。ですから、意識しようと意識しまいと、ここから先はスピードがぐっと増します。ですから、全力で走りながらも、ちょっと先のゴールも意識して欲しいですね。具体的な意識でなくて良いのです。だが、漠然としてでも良いですから、体で「半分は消化した」という感じを持って欲しいのです。

50代の人は、もう、人生の決めに入る年代でしょうね。でも、どんな状況にあっても、若い時のあのチャレンジ精神をもう一度、思い出して欲しい年代ですね。人生、まだまだ、これから、そんな意欲を大事にしてください。

まあ、60代以降の方には、「もう少しお待ちください」がメッセージですね。何故って、私しゃ、まだ還暦になっていないのですから。来月になれば「還暦」の年齢に届くのですよ。













相続ドットコム


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
posted by ラッキー at 01:27| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月30日

若い人たちへ残してあげられる言葉

   15 jun 30.JPG
   お金とその仕組みを勉強することは大事です

現在、20代、30代の方への私からの遺言である。それは、身近に「ファイナンスの達人」を求めて欲しいというものである。

実は以前からずっと私は自分の人生について思っていることがあって、それがこの「遺言」なのである。

17歳で米国留学を決めた時も、ツアーコンダクター時代も、アメリカ短大及びウェスタン・ワシントン大学時代もずっとそれなりの「師匠」に恵まれてきた。

本当に多くの素晴らしい人たちとの出会いが私の人生を豊かにしてくれた。しかし、どういう訳かそれほど素晴らしい人間との出会いにも関わらず、資産運用に関していうと、「師匠」と呼ばれるような人との出会いは無かった。

おそらく、もっというと私が探究していなかったのが元々の原因になるとも言えよう。

それは兎も角、いよいよもうすぐ還暦を迎えようとしている私が若い人に残せる遺言の一つは「貯蓄に励む」ということである。

目標があるなら、金額的ゴールの設定も良いだろう。しかし、そうでないのなら尚更だと思って聞いてもらいたい。

預貯金は、兎に角「貯めること」を目標とすればよいのである。収入の5%でも10%でもよいのだ。そして、まず「無い物」と思って貯めて欲しい。

「貯めるのが癖」になれば占めたものである。浪費も習慣であり癖にもなるが、正しくその正反対をやるのである。

そして、その貯蓄がある程度まとまって来ると、次の発想へと発展していくのである。やるなら早い方がよい。定額でも良いから、今月からスタートしてみると良いだろう。実行あるのみ。タイム・イズ・マネー












posted by ラッキー at 08:57| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

日本人が知らない天皇陛下の権威

日本人が知らない天皇陛下の権威


いろんな情報が錯綜する時代、やはり情報に接して、そして自分の頭でよく考えなくてはならない。

「人・物・金」がこれほどまで自由に行き来できるようになった時代は過去にない。

物事を表面的事象だけで判断するのは危険である。必ず舞台裏があるはずである。

だが、余りに複雑になり過ぎると、何をどう信じてよいのか分からなくなる。そのような時には意外と「直感」が正しいという場合が多い。

今年はひつじ年。何やら不穏なことが起きる年と言われているが、「テロ」のニュース以外にはまだ大きな事変は起こってはいない。

ギリシャ問題もとりあえず四カ月の猶予をもらい先延ばしになった。されど問題が去った訳ではない。中国の経済崩壊も話題になってしばらく経過している。

天変地異、何か起こる前に自分の国の本来の姿を見つめておきたい。


日本人が知らない天皇陛下の権威


ポチポチっとクリックしてくださいますか

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ 


サコンナコンのお天気
posted by ラッキー at 16:20| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
キャンペーン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。