2016年01月15日

本当の世界最先端とは?


【01/15】【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材
【01/15】憧れのスイートが50%OFF!高級ホテルの宿泊予約は【一休.com】

【01/15】「お名前.com プレミアムドメイン」ビジネスの成功は価値あるドメインから

【01/15】年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─





近未来を描け切れない日本社会です。しかし、近い将来、人間の脳細胞の小さなコンピューターチップが生まれるそうです。

そうなると、どうなるか想像できますか?簡単に言ってしまうと、現在ある高速コンプ―ターの何倍もあるコンピューターが脳細胞の大きさになるということです。

ご存じのように、コンピューターとは、記憶する装置でもあり、計算する装置でもあります。「消去ボタン」を間違って押さない限り、忘れることはありません。必要な情報をストックしてあり、いつでもその情報にアクセスできるのです。

さて、脳細胞に埋め込めるサイズのコンピューターが、頭に入るとどうなるか、想像してみてください。パソコンでグーグルを開いて調べるようなことをしなくても、頭の中にグーグルが入ってしまうのです。

忘れることがありませんから、いつでも情報をダウンロードできる訳です。それが、生きている人間全員の頭に入ったら、どんな社会になっているでしょう。

試験なんて、やっても無駄です。何故なら全員グーグルが頭の中に入っているのですから、「検索ワード」を思い浮かべるだけで、答えが出てきます。

日本の子供たちが縛られているテストも暗記も要りません。受験戦争も無くなります。断っておきたいのは、今ある既存の価値観を壊さないと、そのような社会は出現しません。どんなに嫌がっても、技術の進歩が社会を激変させてきたことは改めて説明する必要はないでしょう。

産業革命が劇的に社会を変化させたように、人工頭脳の開発はすでに人間の脳に近づきあります。後、10年で現存する職業の8割が消滅するとさえ言われています。たった十年ですよ。医療の進歩も同じです。

数十年のうちに、人間の細胞の埋め合わせができる万能細胞の開発もできるようになっているでしょう。そうなると、老いないまま、100年以上暮すことができるようになります。65歳定年どころではないでしょう。80歳定年でも足りないくらいです。

「仕事」の概念からして、変わらねばならなくなっているのです。「食べるために働く」という概念から抜け出すことができなければ、なりません。その辺については、後日、語りたいと思います。




ネイティブイングリッシュ










posted by ラッキー at 13:36| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャンペーン