2015年11月28日

ああ、無情!梅毒患者激増のニュース


【11/28】1800円(税抜)〜100GBの大容量。無制限レンタルサーバー【X2】

【11/28】デメカル(DEMECAL)は、ほんのわずかな血液でできる在宅血液検査キット
【11/28】国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

【11/28】共通の趣味でブログ記事をシェア



梅毒患者が2千人超え 99年以降初、若い女性に増加

ちょっと、驚くようなニュースを目にしたので、アップしておきたいです。時代も変わり「処女」でいる方が恥ずかしい、そんな時代になっているのでしょうが、それにしても、この状態はやはり、正しい「性教育」がなされていない証なのかも知れませんね。

「性教育」と「セックス」はまったく別の次元の話ですが、ややもすると、日本人は混同しがちですよね。

以前から思っていたことですが、昔から「性教育」というと社会や教育界の反応はすぐに「セックス」と結びつける傾向はありましたね。

私はアメリカの社会学で「セックス学」を受講したことがありますが、非常にサイエンス的で、エッチな授業ではありませんでした。

セックスに絡む諸問題全てを学ぶ訳です。「性病」「家族」「教育」「経済的負担」など多岐にわたって「人間の性」を考える学問です。

僅か数十年前までは、「貞操」の概念が社会の規範でしたが、それも今では様変わり。日本人の西洋化、というより米国化は留まるところを知りません。公共の場で大っぴらに(*´ε`*)チュッチュ―したりする若者も増えているでしょう。

個人の規範はそれぞれに任せるしかありませんが、このニュースが何らかの警鐘になることを祈ってます。








健康人ネット






posted by ラッキー at 02:43| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本が危ない! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430370540
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャンペーン