2015年10月27日

市バスの運転手の給料は月給300バーツ!!?


【10/27】ゲームやアンケートでお小遣いゲット!⇒ネットマイル

【10/27】登録済みドメインでも手に入る「お名前.com プレミアムドメイン」

【10/27】WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー『ヘテムル

【10/27】スカイスキャナー



  15 oct 27.JPG
  ビッグCの裏側から出て東へ、最初の信号を右に曲がるとアパートまで1.5km


本当に便利なアパートに越してきたものである。家内には感謝・感謝である。最初は市の中心部までだいぶあり、歩くのも苦になるかと思ったが、意外とそうでもない。アパートから歩いても20分程度であるがら。幸福で丁度良いくらいであろう。

ただし、日中は日差しが暑いので、それだけが若干大変だが、今の生活でパソコンの時間でほとんど費やされるので、買い物を兼ねた外出は暑くても平気である。

市バスが走る運行路線なので、疲れたり急ぎの時は市バスを利用する。タイの暮らしもマイカーとバイク利用する者がほとんどなので、市バスを利用するのは学生と車が無い私くらいであり、車内はいつも空いている。
空いている公共の乗り物ほど安くてありがたいものはない。

或る時、運転手と話をしていたら、たまたま給料の話になった。私は興味があったので、運転手に月給は幾らだと聞いてみた。すると、驚いたことに返事は300バーツであった。聞き間違いではない。彼ははっきりした口調で「サム・ローイ」と答えたのだ。

まあ、オンボロバスの運転手、どういった経営になっているのか知る由もないが、だいたい彼の言ったことは正しいのだろう。確かに300バーツでは、生活は成り立たないのは誰にも分かることだが、タイのシステムっていったいどうなっているのだろう。サッコーン!















posted by ラッキー at 00:31| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>確かに300バーツでは、生活は成り立たないのは誰にも分かることだが、タイのシステムっていったいどうなっているのだろう。

外国人には理解できないようですが・・・・
タイ国では、個人収入という範疇でものを考えてはいけないんです。
タイ国では「世帯収入」というレベルで考えるのです。
タイでは、共稼ぎが当たり前です。
奥さんが屋台などで月に9000B稼ぎ、子供が成人し、9000B稼げば、世帯収入は27,000Bとなり、暮らしは十二分に成り立つのです。
タイ国の公式な経済統計では、「世帯収入」はあっても、個人収入は無視されています。
Posted by タイ・ベテラン at 2015年10月27日 15:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428548025
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャンペーン