2015年10月17日

やっぱり日本のお米に勝るもの無し!


【10/17】minne

【10/17】グアム旅行ナビ
【10/17】ベッド全品送料無料! 日本最大級のベッド専門店
【10/17】大容量256GB・月額1,000円(税抜)〜!レンタルサーバー【ヘテムル】


  15 oct 17.JPG
  パタヤの天気は田舎イサーンより暮らし易かったなあ

日本からの親友たちが、新米を持ってきてくれた。本当に心から感謝の気持ちで一杯である。その新米をサーモンの刺身で一緒にいただいた。

本当に、こんなに美味しいご飯を毎日食べられる日本人は幸せだろうと思う。だが、違いを知らなきゃありがたさも分からずの通り、今回の旅では親友たちも、こちらの不味い米に遭遇してしまった。

私もまさかあれどほ不味いご飯とは知らずに、呆れてしまったくらいである。まあ、それも経験と言えばそうとも言えるだろう。

タイでのお米のグレードがどのようなものになっているのか、よく解からないが、大概の料理屋のご飯は食べられないことはない。

温かいご飯なら申し分ないとは思う。しかし、私が案内したテパシットのウィークエンドマーケットで入った食堂のご飯は、低品質の上、冷めていたので、尚更食べられなかったのだと思う。

それに、もう一つ、豚と鶏の焼き肉を出したのだが、豚はリブになっていて、皆美味しいと食べてくれたが、鶏の方は、タイスタイルのぶつ切りだったため、全員、きょとんとしてしまった。私はタイに住んで8年になるので、このスタイルは慣れてしまった。特別に好きという訳ではない。

私だって、鶏肉なら唐揚げ、竜田揚げ、焼き鳥と、色んな食べ方があると思うが、ぶつ切りにすると砕けた骨を口から出さないので、食べ方としては嫌いな方である。

まあ、海外に来ているのだから、全て満足という訳には行かないかも知れないが、私なりにベストは尽くしたつもりである。

幸いなのは五日間ずっとメンバーが笑い通しだったことである。サッコーン!







グアム 旅行

THE BED ROOM



  
posted by ラッキー at 00:56| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイ米はピンからキリまでグレード差が激しいです。
日本米のように差が小さくありません。

タイのジャスミンライスやホーンマリー(イサーンで取れる)は、日本米と変わらないほど美味しいですよ。

残念ながら、屋台で使われるタイ米は最低グレードなので、不味いです。
オカズをぶっかけて食わないと食えません。

BiG-Cなどの米売り場に行くと、価格差が激しいのが分かりますよ。
Posted by 魚沼 at 2015年10月17日 16:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャンペーン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。