2015年08月23日

コミュニケーション不毛の時代

【08/23】ツラいふしぶしのお悩みに。【キャッツクロウスカット】

【08/23】女性専用のオンライン・カウンセリング【ボイスマルシェ】

【08/23】ハンドメイド作品を販売・購入できる! ハンドメイド作品のオンラインマーケット≪minne(ミンネ)≫

【08/23】ドメイン取得0円!大塚商会



  15 aug 23.JPG
  バンコク・スカイトレインの車内風景

猫も杓子もスマホの時代。スマホ持たねば人間じゃない。三度の飯よりスマホ。そんな時代となってしまいました。

私はスマホを持っていません。まあ、リタイヤ組ですから、スマホ無しでも仕事に支障が出る、ということはありません。

実は、去年の暮、カミさんがクリスマスにスマホをプレゼントしてくれたのです。私は全然嬉しくなかったです。スマホを買ってくれるなら貸してある2000バーツを先に返して欲しかったのです。

その上、電話をくれるなら、先に相談して欲しかったですよ、まったく。だいたい、こういう物って、嗜好品的な要素が多分にあって、個人の好みとか機能だとかいろいろあるものでしょう。だから、相談が肝心なのです。

その上、予算も無いのに無理するから、特価品の超安いスマホになってしまい、取り扱い説明書も入っていないのです。

で、どうやって使うのだと聞いたら、「私には分からないわ。娘に聞いてよ」だって。そう言われて娘に聞くと「お父さん、そんな物、使っているうちに覚えるよ」だって。

ネットで調べてもI−Mobileのこの型の説明は一切無し。聞くところによるとこの会社はタイの会社だというのです。道理で違った機種の説明書きがほとんどタイ語だったっけ。

しかし、本当に我が家だけではありません。先日もバンコクへ行った折り、スカイトレインに乗りましたが、車内に居る半数以上の客がじっとスマホと向き合って、あちゃこちゃいじっているではありませんか。別に個人的にどうのこうの、言いたい訳ではありません。

ただ、こういう社会ってのは「コミュニケーションの不毛」を生み出しているということを指摘したいのです。道が分からずに尋ねようとしても耳にはイヤホンが付いていて、聞けなかったり、バンコク都内のバスに乗り、下り場を聞こうとしたら、やはりイヤホン。

家族も似たようなもので、食事中はテレビに釘付けで、食事が終わると全員スマホかインターネット。コミュニケーション不毛と言わずして、なんというのでしょう。















posted by ラッキー at 01:31| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤから発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424634142
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャンペーン