2015年08月05日

割と良い商売かな?

    15.08.05.JPG
    今までよりビジネス環境は整ってきました

パタヤにおけるビジネスの中で、飲食業を除いて多いのがマッサージ屋。他にもランドリー、ヘアーサロンなども多いが、今、このマッサージに注目である。

これまでもそうだが、パタヤでは大昔と違い、白人の個人客が随分減っていた。そこへロシア人が大挙して避寒にやって来るようになり、続いてハネムーン客層が増え、ロシア人客でしばらく潤うはずだった。

ところが、ウクライナ問題などで西側の締め付けにあい、ルーブル下落に伴い、ロシア人客は大激減。代わりに中国人の団体客が大挙して押しかけるようになっている。

中国人客のマナーの悪さはタイでも有名であり、非難はされるが、タイ人の日和見主義は超有名。寄らば大金の陰、である。そして、中国人客の消費行動の中で喜ばれてお客になるのがマッサージ商売なのである。

飲み屋やレストランには余り商売に寄与しないが、これからもマッサージのニーズが増えることはあっても激減することは無いだろう。中国人相手と考えるとマッサージ屋は割りと良いかも知れないよ。






















posted by ラッキー at 00:50| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤから発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャンペーン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。