2015年07月27日

ナクルアのバービアの値段

   15 jul 27.jpg
   ナクルアの閑散とした連棟のバービア

パタヤ最後の晩となったので、親友と出掛けたソイ・ブカオで夕食の後、一旦帰宅したが、親友の勧めもあり、一人で再度出掛けることにした。

私の親友はパーキンソン病を患っており、ひょっとしたらこれが最後の「戯れ」となるかも知れない。特に去年の旅行以来、日に日に状態は悪くなっているようで、今年の四月タイ正月に訪れた時よりも更に悪くなっている。一時、帰宅したのは、そのような彼を一人で返す訳には行かなかったからである。

そんな彼とずっと行動を共にしていたので、実はこの10日間の滞在中も夜は出掛けたことがなかったのだ。そこで、私は彼の言葉に甘えることにして、再び一人で出掛けることにした。

ナクルアのソイではいつもの呑兵衛爺さんどもがいつもと同じ飲み屋で駄弁っていたので、無視して通り過ぎることにした。すでに9時を周っていたので時間が勿体なかったからである。

ソイ5でソンテオを降り、ラス・プーチンの脇を通り、リーナの居るキュートマッサージに顔を出したが、またもやリーナは接客中で「空振り」となってしまった。

そこで、セカンドロードを北上して、バンドが入っているバービアを覗いて歩いた。私は酒を飲まないが、昔からロックバンドのライブが好きで同じ入るならミュージックバーが好みなのである。

コージー・バーからトイ・バーまでの間に3,4軒のミュージックバーがあるので、どこでも楽しめる。旧知の仲のジョンのプレイする店が定番でそこからスタートした。それにしても時間が経つのがやけに早い。

二軒ほど立ち寄って、最後ナクルアの夜を歩いてみようとソンテオに乗ると先に乗って座っていた女性が私の顔を見るなり、「あら、あなた」と声を掛けるではないか。別に悪いことをしている訳ではないが、やはりパタヤで女性の方から声を掛けられると嬉しい気持ちとためらう気持ちと半分ずつ同居している。

いったい何処の誰なんだろう?私が不思議な顔をしていると彼女が「ほら、私よ。マッサージの」と言うので、私はかつて家内が経営していたマッサージ店のスタッフだと勘違いしていた。それはもうすでに5,6年も前の話である。

私は恐妻家なのだろう、きっと。そこで、家内のテナントが入っていた「マイク・ショッピング・センター」のマッサージだろうと聞き出しに係ったが、肝心のマイクショッピングセンターの名前が思い出せないでいた。

すると、彼女の方で「ほら、ソイ6のマッサージよ」というではないか。なんと二日前に立ち寄ったマッサージ嬢だったのである。彼女は仕事が終わり帰宅途中だったという訳である。

さて、ソンテオがドルフィン・ラウンド・アバウトから右に折れ、ナクルアを北上する途中で私は先に降りることにした。少し、ナクルアを歩きたかったからである。何しろ、個々に7年も住んでいたのだ。懐かしさと新しくなったナクルア地区の様子を見たかったからである。

途中、連棟式のバービアが刷新されて、きれいになったバービアの前を歩いていると一軒のバービアから声が掛かった。私は今晩の最後の店と決めていたので、そこで立ち止まった。会計の金庫番が一人、ママさんが一人、そして外のカウンターに一寸見若いホステスが一人、客は私一人である。

席に掛け、若いホステスと話をしていると、そこにママさんも会話に加わってきた。連棟式のバービアは10軒ほど連なっており、中に入ると中列、後列とバービアが続いているのである。結構大きなバービアである。しかし、中列と後列のバービアはほとんどテナントが入っていない。まるで空っぽなのであった。

そこで、他愛の無い話でホステスに「大金ができたら奥の店を買うから、あなたがママさんになれ。」と言い、幾らくらいするのか聞いてみた。すると、当然とも言えるが若いホステスは「私は分からないわ。ママに聞いて」と言うので、目の前にいたママさんに聞いてきた。

驚いたことに、「だったら、この店を買ってよ。私辞めたいのよ」と喜んだ顔で言った。値段を聞いてみた。すると返ってきた答えは「90万バーツ」であった。360万円程度になる計算である。高いか安いか、あなた次第です。





まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『HETEML









にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ


posted by ラッキー at 03:14| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャンペーン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。