2015年07月21日

96歳の誕生日

   15 jul 21.jpg
   120歳まで頑張ると元気は親友の母

在米のタイ人フレンドが帰郷した。すでに30年来の親友であり、何かと私のタイ在住では世話になった。その彼女の母が96歳の誕生祝いを行った。

私も招待されたが、土曜日は親戚、親族が集まるということで親友自身が忙しく、私の相手を十分できないと判断したので、私の方も控えることにした。日を選び直し、月曜日に一泊の予定で彼女と母親を訪ねた。

いつものようにオンヌットでバスを降り、ロータスが指定の再会場所となる。彼女の実家はここから歩いて10数分の処にある。

彼女は一人でやってきた。朝食が遅かったこともあり、ランチをするには早すぎたので、コーヒーワールドでお茶しながらの歓談となった。

シアトル在住は40年になるだろうか。オーバーステイから自分で事業を起こし、今ではしっかりとタイ・レストランの経営者である。

私と家内の問題を知るとバンコクにある彼女の住宅を住処として提供してくれると申し出があった。大変、ありがたいことである。まだ、結論は出していないが、もしかすると田舎サコンから都会バンコクへ引っ越ことになるかも知れない。

お茶した後、彼女の実家に足を運んだ。去年から親友は実母のために実家をリフォームしたのだ。それはとても素敵な出来栄えで、元々の実家の雰囲気を壊すことなく、そのまま残してのリフォームだった。親友の心のこもった暖かい配慮には本当に心から感心する。その彼女の母に「きれいなお家になって良かったね」と言うと96歳の彼女は「娘が私を愛してくれていてね。嬉しいよ。」と笑顔で話すのだった。

この母娘と知りあいになれただけで光栄であり、ありがたいことである。サッコーン!















にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ


posted by ラッキー at 18:50| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャンペーン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。