2015年06月30日

若い人たちへ残してあげられる言葉

   15 jun 30.JPG
   お金とその仕組みを勉強することは大事です

現在、20代、30代の方への私からの遺言である。それは、身近に「ファイナンスの達人」を求めて欲しいというものである。

実は以前からずっと私は自分の人生について思っていることがあって、それがこの「遺言」なのである。

17歳で米国留学を決めた時も、ツアーコンダクター時代も、アメリカ短大及びウェスタン・ワシントン大学時代もずっとそれなりの「師匠」に恵まれてきた。

本当に多くの素晴らしい人たちとの出会いが私の人生を豊かにしてくれた。しかし、どういう訳かそれほど素晴らしい人間との出会いにも関わらず、資産運用に関していうと、「師匠」と呼ばれるような人との出会いは無かった。

おそらく、もっというと私が探究していなかったのが元々の原因になるとも言えよう。

それは兎も角、いよいよもうすぐ還暦を迎えようとしている私が若い人に残せる遺言の一つは「貯蓄に励む」ということである。

目標があるなら、金額的ゴールの設定も良いだろう。しかし、そうでないのなら尚更だと思って聞いてもらいたい。

預貯金は、兎に角「貯めること」を目標とすればよいのである。収入の5%でも10%でもよいのだ。そして、まず「無い物」と思って貯めて欲しい。

「貯めるのが癖」になれば占めたものである。浪費も習慣であり癖にもなるが、正しくその正反対をやるのである。

そして、その貯蓄がある程度まとまって来ると、次の発想へと発展していくのである。やるなら早い方がよい。定額でも良いから、今月からスタートしてみると良いだろう。実行あるのみ。タイム・イズ・マネー












posted by ラッキー at 08:57| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421536413
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャンペーン