2015年05月07日

近親相姦を予感させる兄妹

   15 may 07.JPG
   兄弟愛は良いのだが、思春期なので心配するのだ

17歳になった娘と12歳の甥の二人の子供が同居している。一つ屋根のタイの家で暮らしているので、この甥の成長度を心配していた。事実、最近よく股間を手で掻いているのを目撃していた。

そろそろ勃起の経験と夢精を体験する頃であろう。実家では長男ジェイクが出入りしており甥のフェッチにとっては伯父である。そういう質問を甥がジェイクにするようには思えない。

「オトウサン」である私にしても父親というような存在では無い。何かあれば助けにはなってやりたいと思っているが、甥の方でそう思わない限りこちらからアクションを起こす気はない。

そんな訳で甥と娘を心配していたら、もっと大変な問題が出てきた。それは生まれてから別れ別れになっていた二歳年上の兄の所存が分かり、復縁を果たしたことだ。

幸い長男ノンも真っ当に成長していたのだが、恐らくまだ恋愛関係は持ったことが無いようだ。そして、娘の方はずっと憧れていた兄と交流が持てることで浮き足だっている。半興奮状態なのである。

勿論、娘の方も恋愛をしたことは無く、この二人を見ていると当然ながらある種の「愛情」を互いに芽生えさせている。冷静に思っても、それは単なる私の焼きもちではない。

仕草といい、会話といい、丁度恋愛中の恋人のようなのだ。勿論、この二人の兄妹が一気に関係を結ぶことは考えられないことだが、感情的にはすぐそこまって来ているような雰囲気はある。サッコーン!



ポチポチっとクリックしてくださいますか

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ 

サコンナコンのお天気


posted by ラッキー at 00:07| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
キャンペーン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。