2015年03月09日

糞まみれの台所

   15 mar 09-1.JPG
   台所(土間)が猫たちの居間になっている我が家

生後数カ月でもらわれてきたテオが二匹の子猫を出産した。去年の12月のことである。クリスマスのプレゼントに子猫用のトイレにするトレイを用意した。

母猫同様、子猫クーン(長男)とノイ(長女)も母屋の台所で寝起きしていたが、居間の奥の納戸でテオが粗相をしたのを機に外へ追い出された。

テオは私が用意したトイレは使わず、必ず外の庭の自分の場所(私の書斎の前の砂場)でウンチをしていたのだが、この家の生活のリズムが狂っていたのだろう。

可哀想にトイレになるような場所が見つからず、やむを得ず居間の後ろにある納戸で用を足したのだろう。

トレイを最初から用意したので、どうやら子猫たちはこのトレイをトイレにしてくれていた。だが、ここで私の誤算が生じた。それは家内がトイレをきれいにしないことだった。

私が毎日、外へ出して砂を干してやっていたが、これにイチャモンを付けたのだ。それなら自分でやれと家内に全部預けた。すると、どうだろう。いつものように気班な彼女はやったりやらなかったりで、猫も間誤付いたであろう。

もう一つの誤算はトレイが小さ過ぎたのか、二匹の子猫の用足しが多いのか、おしっこをした後、乾かないし、ウンチをしても砂が上手に掛けられていないのだ。どうりで臭い訳だろう。

以前も書いたが、タイの台所は元々、土間になっていて屋外にあるのが普通である。しかし、我が実家の場合、家内がリフォームして、タイル張りにしてキッチンを作り直したのだ。そこで、子猫たちは生活していたものだから、トレイで間に合わない子猫たちはタイルの上にウンチをするようになってしまった。

   15 mar 09-2.JPG
   毎日、決まって午後4時のトイレタイムは家内の部屋の前で

流石は農業国イサーンであろう。ウンチも肥料と捉えるのか、台所が糞まみれになっても自然の営み、それが普通なのか。

最近は家内に母屋を追い出されたテオ一家、毎日、午後4時前後になると決まって子猫たちはウンチをする。現在のトイレは母屋の屋外、丁度家内の部屋の前でするようになった。猫のウンチは緑色で匂いも強烈である。

だが、このクーンとノイの兄妹はウンチの匂い消しが下手糞で、ろくに砂も掛けずにまた遊びに夢中になってしまう。サッコーン!



ポチポチっとクリックしてくださいますか

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ 

サコンナコンのお天気


posted by ラッキー at 00:15| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
キャンペーン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。