2014年12月16日

初めて飲んだ砂糖きび

   14 dec 16-1.JPG
   砂糖きびを見たことがありますか?

「ざわわ、ざわわ、ざわわ」。森山良子の「砂糖きび畑」の唄い出しである。実は私は何度も砂糖きびを見たことはあったが、飲んだ試しが無かった。

記憶では、昭和20年代くらいまでは砂糖きびを噛んだらしい。まだ、コーラやソーダなど普及されていない時代である。

物資が豊富ではなかった時代、砂糖きびは子供のおやつになっていたようである。

さて、村で開かれる大市に行くと、必ずこの砂糖きびをジュースにして売っている店が出る。私は越してからすでに半年ほどになるが、何度も見掛けはしたが、ついぞ最近まで試飲したことは無かった。

そして、二週間ほど前の前回の大市。初めてこの砂糖きびジュースをトライしてみた。

   14 dec 16-2.JPG
   10バーツと安いがただ甘いだけの砂糖水

氷を入れたコープに砂糖きびを絞って入れただけのジュースは10バーツ。ちょっと濁った感じで茶褐色の色をしている。

冷たいので飲み易いが、味的には単に甘いだけ。それだけであった。美味しい味とか、懐かしい味とか、そんな印象はまったくなく、ただ甘いだけ。

しかし、私は戦時中や戦後の物資不足の中、南方の方では砂糖きびを噛んで空腹を凌いでいたのだろうか・・・などと考えてしまうのだった。サッコーン!



ポチポチっとクリックしてくださいますか

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ 


サコンナコンのお天気


posted by ラッキー at 01:24| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
キャンペーン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。