2014年12月13日

人生、幾つになっても勉強だ

   14 dec 13.JPG
   義母が育てた娘と甥

またしても突然、出家していた義母が家に帰ってきた。前回は病院で定期検査があり、そのためだった。今回は果たして何の用事があるのだろう。まったく以って理由が分からない。

夕べも今朝も家族団欒。私は輪の中に入らず、家族水入らずとそってしておく。

昨日バイクと接触事故を起こしたフェッチ(甥)は学校を休んだ。事故に関しては後述することにして、義母について書こう。

休んだフェッチに対し、朝から「勉強しろ」「本を読め」の連発である。以前、出家する前の義母が毎日こうだった。

学校から帰ると「フェッチ、カバンをしまえ」「風呂に入れ」「勉強しろ」の連射、連射。「うんこしろ」とまでは言わないが、ほとんどそれに近い。

大人しく遊んでいる最中に「こうしろ」「ああしろ」言われるフェッチは堪ったものじゃないだろう。心中、察するに余りある。

半分、ずる休みを承知のフェッチは大人しく義母に従い、パティオのテーブルに着く。義母は教科書を手に取り、フェッチに指図する。70を超えている義母が小学5年生の本を読むのであるから、その程度の内容なのだろう。

義母にとっては自分ができて、フェッチができないので自己満足の心境なのだと思われる。勝ち誇ったように先生面している。

その内、義母の声がしなくなったと思うと、いつの間にか義母は教科書にのめり込んでいるのだ。毎回、お馴染みのシーンである。

子供に教えるどころか、自分が勉強しているようだ。70歳になって、まるで初めて習うかのように勉強する義母。まさに、「人生、幾つになっても勉強」である。サッコーン



ポチポチっとクリックしてくださいますか

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ 


サコンナコンのお天気


posted by ラッキー at 00:12| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
キャンペーン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。