2014年11月25日

まちまちなバス料金

   14 nov 25-1.JPG
   遊び盛りの甥フェッチを連れて隣町のプールまで

愛しの甥っ子、11歳のフェッチがせがむので、再び、隣町パンコンにあるプールに連れて行くことになった。

亡くなった次兄の一粒種フェッチは遊び盛りである。フェッチを見ていると自分の子供の頃を思い出すのだ。

中学校に上がると同級との遊びが忙しくなり、親と遊ぶことも少なく成ろう。一緒に遊べるのは後一年くらいであろう。

さて、15km隣のパンコンまで大人15バーツということになっている。前回は往復とも二人、つまり大人一人、子供一人でB20だった。

ところが昨日は往復とも一人B20、合計40バーツ請求された。このようにバスの料金が毎回違うのである。

   14 nov 25-2.JPG
   バス料金がマチマチで予算に狂いもでるのだ

タイではご存知ある方も多いと思うがエアコンバスだの一等、二等だの等級に分かれている。しかし、通常、私が知る限り近距離の場合、この適用は当てはまらない。

私の村から東へ35km離れた県都サコンナコンまでが大人一人30バーツであるが、この間乗ったエアコン無しのバスは20バーツだった。

バスターミナルでチケットを買うと29バーツなのだ。この1バーツの違いも理解できない。

一カ月ほど前にフェッチを連れてロビンソンに行った時は50バーツ札を出したら20バーツ札のお釣りをくれた。往復ともそうだったので、その次の回に30バーツ出したら、追加で20バーツ要求された。

このようにバスの運賃が毎回珍しいのもタイならではと言える。サッコーン!



ポチポチっとクリックしてくださいますか

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ 



サコンナコンのお天気



posted by ラッキー at 00:02| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
キャンペーン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。