2014年10月29日

「マイ・サバイ」は魔法の言葉

   14 oct 29-1.JPG
   「マイサバイ」でこの通り

昨日はジェイクの二人の息子が保育園を休んだ。奥さんのトムが言うには風邪気味らしい。「マイ・サバイ」と言っていた。

この「マイ・サバイ」という言葉、実に便利にできている。ほとんどのタイ人が子供の頃から「マイ・サバイ」に毒されていると言ってよいだろう。

少しでも具合が悪いと「マイ・サバイ」と言えばお休みできるのだ。うちの子供も同じように、ちょっと調子が悪いと「マイ・サバイ」と言えば家内も義母も無理強いはしない。

私からみると「マイ・サバイ」という言葉が特権を持っていると思われてならない。まるで御上がお墨付きを与えているような言葉で、まず、「マイ・サバイ」と聞いてそれ以上突っ込む人はいない。

しかし、実態はと言えばマイ・サバイどころかサバイ・サバイな連中なのだ。学校をよく休む娘と甥であるが、調子が悪そうにしているのは朝のうちだけで、すぐに元気にサバイモードとなる。ずる休みとしか思えない。

近所の駄菓子屋の倅アーチーもよく学校を休むが「マイ・サバイ」が理由である。このように子供が育つのであるから、大きくなってもその癖が抜けないのは自明の理。

「マイ・サバイ」は麻薬のような物で多用していると、徐々に「怠け者」となって蝕まれていく。魔法の言葉「マイ・サバイ」は超便利なだけに使い方には十分な注意が必要なのである。サッコーン!



ポチポチっとクリックしてくださいますか

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ 


サコンナコンのお天気


posted by ラッキー at 22:12| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シアトル留学時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
キャンペーン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。