2014年08月18日

対照的な二人の英国人

   14 aug 18-1.JPG
   59歳の元ビジネスマンのポール

私がパンナニコム村で知り合った二人の英国人ポールとディーン。ポールについては何度もこのブログで取り上げたが、ディーンの方はあまり話題にならない。ディーンの生活は退屈極まりないからだ。

さて、この二人の英国人だが、すべてにおいて対照的なのである。ポールは現在59歳で元有能なビジネスオーナー。ディーンの方は53歳と若くゴミ焼却施設で働いていたというブルーカラー。

ポールと奥さん若い(30代)ソムの出会いはバンコクのタラート(市場)。知り合った後、国際電話で連絡を取り合い、二度、三度、と英国からバンコク訪問をして、ソムに押し切られ結婚してしまった。

一方、ディーンはというと、英国人妻と離婚歴があり、現在の内縁妻はタイ人女性でロンドンで知り合ったという。奥さんレントも50代でディーンより年上であり、英語も当然達者だ。

   14 aug 18-2.JPG
   毎日、日課のようにビールを飲むディーン

タイ人の英語力はそれほど高くなく、レントは非常に正しい英語を話すことができる。彼女の話す英語を聞いているとタイ人とは思えないほどである。

どちらにも共通するのが、共にタイ人の奥さんの実家が此処パンナニコムにあり、どちらも此処に家を建てたことだ。すでに記したようにポールは豪邸を山の中に建て、ディーンは私の家のすぐ近所、国道22号線沿いにしっかりした(多分四部屋くらい)の住宅を建てた。

かつてパブオーナーだったポールはこちらに来てジャガイモ畑に精を出す毎日だが、ディーンの方は何する訳でもなく、毎日、近所のカントリーストアでビールを煽る。

ディーンは奥さんが英国で暮らしたこともあり、しっかりとした会話ができタイの情報にも詳しい。その上、ディーンにはタイ在住の英国人の知人も多く、彼等からいろんな失敗談を聞いて知っている。

反して、ポールは事前調査ゼロで自分の感性だけで行動を決しており、それが仇となってソムの素行を見破れないでいる。ある意味、ソムの手の平で踊らされている。

これほど対照的な組み合わせもないもんである。二人ともいい奴で、知り合えたのは幸運であるが、退屈なディーンに比べ、私はポールの方が好きである。だから、ポールには早く気付いて欲しいと思っているのだが・・・・。サッコーン!



ポチポチっとクリックしてくださいますか

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ 


サコンナコンのお天気


posted by ラッキー at 00:15| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シアトル留学時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
キャンペーン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。