2011年05月01日

東電が全責任を持つと明記

以下のブログに今回の福島原子力発電での天災、人災による賠償責任が東電にあると明快に応えている。詳しくは氏のブログに譲るとして、経団連会長、米倉氏の発言は非常に問題である。

増税による復興策などちゃんちゃらおかしい。こんな無責任国家でよりのだろうか?恐らく感情主義の甘ちゃん日本人は今回も政府に騙されるのではないだろうか?



書に触れ、街に出よう nico's blog
http://nicoasia.wordpress.com/2011/04/30/%e6%9d%b1%e9%9b%bb%e3%81%af%e7%84%a1%e5%88%b6%e9%99%90%e8%b3%a0%e5%84%9f%e8%b2%ac%e4%bb%bb%e3%82%92%e8%b2%a0%e3%81%86%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%8c%e6%b3%95%e5%be%8b%e3%81%a7%e5%ae%9a%e3%82%81%e3%82%89/


もう何度もこの御仁とその団体の話を書きたくもないのだが、経団連の米倉弘昌会長は今回の福島原発事故被害への損害賠償に関して、政府が補償を負うべきだとの考えを改めて表明した。以下、電気業界紙『電気新聞』4月27日付記事より。
<引用開始>−−−−−−−−-
福島賠償問題で経団連会長「原賠法適用を」
日本経団連の米倉弘昌会長(住友化学会長)は26日の定例会見で、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けた被害者への賠償問題について「原子力損害賠償法という法律にのっとって行うべき。国民感情に配慮し法律適用しないと行政が判断することが間違い」と発言し、政府が補償を担うべきとの考えをあらためて示した。
賠償機構の設置など検討が進められている補償スキームについても「スキームの議論よりまず政府が責任表明するべき」と強調。「日本のエネルギー政策や将来像について政府が考え発言した上で、そこから被害者補償の金額や支払い形態について考えていくべき」との考えを示した。
<引用終わり>−−−−−−−−
米倉氏の話では、あたかも政府は「国民感情に配慮」しているために原子力損害賠償法を適用せず、そのために政府は補償をしないかのような主張であるが、これは明らかに間違いである。政府は原子力損害賠償法を適用するからこそ、東京電力が無限賠償責任を負うということが明確になるのである。ここには「国民感情」なるものの介在する余地はない。米倉氏の主張していることはあべこべである。
[事故を起こした原子力事業者は過失の有無に拘らず無制限賠償責任を負う *1200億円ではなく無制限!]
原子力損害賠償法の内容について検証してみたい。ウィキペディアに解説が出ている。そこから部分的に引用する。(法律全文はこちら→原子力損害の賠償に関する法律)
<引用開始>−−−−−−−−-
「原子炉の運転等の際、当該原子炉の運転等により原子力損害を与えたときは、当該原子炉の運転等に係る原子力事業者がその損害を賠償する責めに任ずる。ただし、その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によって生じたものであるときは、この限りでない」(3条1項)
・事故を起こした原子力事業者に対しては、事故の過失・無過失にかかわらず、無制限の賠償責任がある(無限責任主義)。
・賠償措置額は原子炉の運転等の種類により異なり、通常の商業規模の原子炉の場合は1200億円と定められる(第7条)。
「異常に巨大な天変地異又は社会的動乱」について、地震であれば関東大震災の3倍以上の加速度をもつものをいうと解されているが、政府は隕石の落下や戦争などを想定したもの(文部科学省幹部より)として福島第一原子力発電所事故には適用されないとの方針を示している。
責任集中の原則
・賠償責任を負う原子力事業者以外の者は、一切の責任を負わない。被害者が容易に賠償責任の相手方を知り得、賠償を確保することができるようにするためのものである。
・責任者たる原子力事業者に機器等を提供している関連事業者を、被害者の賠償請求との関係において免責する。関連事業者が安定的に資材を供給し、原子力事業の健全な発達に資するためのものである。
<引用終わり>−−−−−−−−
すなわち原子力関連産業の中で原子力事業者のみが過失の有無にかかわらず、無限賠償責任を負うと明記されているのである。その中で「賠償措置額は1200億円」という表現があり、「無限賠償責任」と矛盾するように見えるが、文部科学省のページにその疑問に対する答えが書かれていたのでご紹介する。
<引用開始>−−−−−−−−-
原賠法では、万一原子力損害が発生した場合、原子力事業者は生じた原子力損害の全額を賠償する義務を負っています(無限責任主義)。
従って、1200億円を支払えばそれ以上は賠償請求に応じなくてもよいのではなくて、この1200億円は、万一原子力損害が発生した場合、被害者に対して迅速かつ確実に賠償の支払いを行うための保険に過ぎません。1200億円を超える損害額については、自らの財力をもって支払う義務が残ります。
なお、事業者の財力等から見て必要があれば、国が必要な援助を行うことが可能となっており、被害者の保護に遺漏がないよう措置されています。
<引用終わり>−−−−−−−−-
すなわち、事故を起こした原子力事業者が迅速に支払うために政府が手助けするというだけのことであり、賠償責任は原子力事業者が無制限に負うのである。
上記の通り、「異常に巨大な天変地異又は社会的動乱」について、政府は隕石の落下や戦争などを想定したもの(文部科学省幹部より)として福島第一原子力発電所事故には適用されないとの方針を政府が示している。


ポチポチっとクリックしてくださいますか犬
にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ


posted by ラッキー at 13:39| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本が危ない! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
キャンペーン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。