2010年09月05日

白熱する民主党代表選=私の予想

白熱する民主党代表選
徹底的な反小沢キャンペーンを張る大手マスメディア。一体、誰に頼まれ菅直人の応援をしているのだろう。植草一秀氏が繰り返し指摘しているように既得権益者、即ち、政財官外報の一人である報道、つまりメディア自体が反小沢と言うことが言えると思う。

情報操作をお得意とする某国の術を真似しているのだろう。小泉政権誕生の時にそれは露骨に見えたはずである。

それにしても鳩山、小沢が辞任した後、首相の座に座った菅が「小沢排除」に政権運営を舵切った時、挙党態勢にしなかった訳で、それに加え「消費税増税」を訴えた菅直人が参議院選で大きく議席を減らした責任論も消極的だったメディア。代表選になり不利と知った菅直人は小沢と関係修復を探ったというが茶番もいい加減にしろと言いたい。

すべて菅の行ったことはメディアの都合のよい方へ向かった。悪徳ペンタゴンはどうにも小沢が怖いのだろう。

多くのネット住民の知ることではあるが、通常の暮らししかできない老人や中高年にとってはこのメディアの存在はある意味、超危険である。

大本営発表により、騙された経験(もっとも若い人ではないが)を思い出すが良い。発表を鵜呑みにせず、自分で考える力が一番大切であり、今、もっとも必要とされる力である。

そのインチキメディアの報道によると地方党員も含め、菅直人が有利とされる。だが、ここで仮に小沢が敗北すれば党は絶対に割れるはずである。政界再編は避けられず、また無用な時間を国民は無駄にするとこになろう。小沢を極とする党が残り、それ以外の連中が別の党を組む方が日本の将来にとっては良いものとなろう。

何故なら、その場合、少なくとも一極は残るからである。その反対の場合は日本の政治は長い混沌に落ちる可能性が大であるとみる。


ポチポチっとクリックしてくださいますかTV

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ


posted by ラッキー at 10:09| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤから発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
キャンペーン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。