2010年08月30日

困ったマイクロソフト

    10 aug 30.JPG

日本から戻ると一番先にすることがある。パソコンの起動である。パタヤに越して以来、パソコンの環境には苦しめられている。

最初に住んだノースビーチの頃はインターネットはネットカフェでやっていた。そして、現在のホテルに移動してからこちらでパソコンを購入、業者が全部セットアップをやってくれた。

ネット接毒には業者も手間取り、三度も呼び出すことになった。最終的にはなんとかなったが、パソコン購入時に入れたソフトが問題だった。

ウィンドウズのコピーバージョンだったのだ。正規の物を購入すると4000バーツ以上もするということでコピーでもできることはできるという販売員の言葉を信用し、500バーツでコピーのソフトを入れてもらった。

日本語のソフトがいい加減で文字化けしたりしたが、何とか遣り繰りしていた。それが、今年に入り二か月前のこと。6月の帰国から戻ったばかりの私は部屋に入るとイに一番にパソコンを立ち上げた。

するとそこにIE8にバージョンアップしますか?というウィンドウが開いたのである。何気なしにアップデートをクリックしてしまった。

すると、何が起こったか?画面に警告が出たのだ。「あなたの使用しているウィンドウズは正規の物ではありません。問題が発生する恐れがあります。解決したければここをクリック」と出たので、言われたままクリックすると「正規ウィンドウズ購入」のウィンドウだった。約70ドルのネット購入の勧めだった。

これを拒むと立ち上げ画像から「正規のウィンドウズではありません」という警告が常時デスクトップに現れ消えなくなった。この厭らしいポップアップを消そうとクリックすると毎回お馴染みの購入の勧めへ導かれるのだった。

そんな状況の中、無視を決め込んでそのままパソコンをいじっていると、突然パソコンがダウンした。勝手に切れてしまうのだ。何度も立ち上げて、その度現れるマイクロソフトの警告を無視していたが、約20分でダウンするのは叶わなかった。
これでは何も作業ができない。スカイプもダメ、メールもダメ、ネットもダメ。最悪な状況に陥ってしまった。

考え抜いた末、仕方ないので正規のウィンドウズを購入することにした。4600バーツも払うなら、四年前にパソコンを購入した時に同時に購入していれば、今までのいろんあトラブルは無かった訳である。
まあ、こちらとしてもコピーで十分な訳だったが、マイクロソフトのやり方にはいささか疑問を感じた。確かに違法コピーというのは分かるが、低所得の国々もたくさんある訳だし、多少のコピーなどには目をつぶるという訳にはいかないのだろうか。

すでに莫大な財産も築いたわけだろう。途上国におけるコピーくらい、見逃しても罰は当たらないと思うのだが。


ポチポチっとクリックしてくださいますかもうやだ〜(悲しい顔)がく〜(落胆した顔)ちっ(怒った顔)ふらふらわーい(嬉しい顔)

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ


posted by ラッキー at 16:47| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤから発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
キャンペーン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。