2009年12月30日

34年ぶりのメリー・クリスマス

クリスマスの日に突然、スカイプが鳴ったのでびっくりした。経験のある方ならご存知だろうが、便利なスカイプも突然に呼び出し音が鳴るので驚かされる。

パソコン画面の中央に記された通信相手の通知を見てさらに驚いた。何とアメリカ留学時代に付き合っていた元彼女のアイリーンからだった。

30年以上、互いの連絡が途絶えていたが、私のタイ移住の頃に連絡がつくようになり、時代の変化、PCによるメールなど、通信技術の発達により互いの連絡が簡単にできるようになった。

アイリーンはフェイスブックに自分を登録してあり、いろんな人とやり取りをしているし、家族などを公開しているが、私はフェイスブックは苦手にしている。

何度もメールをくれているアイリーンにスカイプの導入を頼んだのだが、しばらくは何の音沙汰も無かった。それが、急に先方から電話が来たのだ。しかも、画面には彼女の顔と家族が映っていた。

アイリーンがクリスマスを家族と祝っている最中だったのだ。彼女の友達にスカイプの話をすると「簡単だからやってみない?」と言われて早速ダウンロードして、そのまま私に電話を掛けてきたのだ。

まるで、隣にいるように話ができたので、驚いていたアイリーンである。


posted by ラッキー at 09:19| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤから発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
キャンペーン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。