2015年07月25日

破られた禁煙

   15 jul 25.jpg
   呑み屋が多いと自然とスモーカーも多くなる危険性がある

せっかく頑張って、逆洗脳を施し、禁煙を成功させていたのにまた再び罠に嵌ってしまった。他人のタバコをもらうようになってしまったのだ。結果、すでにこの二日で約10本のタバコを喫ってしまった。

最初は結構頑張って我慢できていたのだ。だが、やはり喫煙者が周りに居るということ自体危険な兆候と言えるのだろう。それに、まあ、もらい癖といえばそうとも言える、最初は嫌いだった「もらいタバコ」に慣れてしまったのだ。ところが、今回は若干前回と少しだけ違うところがある。

それは、「挫折していない」ことと「タバコは買わない」ということである。つまり、現在の問題点は余りに多くの喫煙者が周りに居ることである。

上手い具合にこの私が禁煙できていたのは、田舎でも環境が禁煙するのに整っていたということでもある。やはり、集中心は最低でも必要なもので、そのためには、なるべくその集中心を妨害する要素は最低限に抑えることが重要となってくる。

私のホリデーも残り数日なので、この一日、二日、辛抱できれば、このまま禁煙は続けていけるはずである。サッコーン!











まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『HETEML








にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ


posted by ラッキー at 00:36| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 愚かだったタバコ喫煙時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
キャンペーン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。