2014年12月27日

面白い行商がやってきた

   14 dec 27.JPG
   2000バーツ以上の出費を覚悟していたが・・・・

ずっと使っていたパナソニックの充電式髭そりが、そろそろ古くなってきた。ES4820Pという型で、生前父が亡くなる前に入院した時、義弟が父に買ってくれた型だった。

帰国して父を見舞いに行った時に見て「これは良いなあ」と思い、私も電気屋に足を運んだという訳だ。それからすでに5年、このシェーバーで二台目であるが、どうやら充電器の終わりが近いようである。

バンコクに居れば伊勢丹で探そうと思ったが、田舎へ越してしまった。仕方が無いのでロビンソン(デパート)の家電売り場で探して見て周った。

日本製のシェーバーがあった。小躍りしながら、店員に商品を出してもらった。値段が適当な物でも2000バーツくらいだったが、よく調べてみると残念ながら乾電池式のシェーバーだった。二種共、電池なので残念ながら購入を見合わせた。

昔、ツアコン時代に乾電池式の物を使ったことがあったが、すぐに電池切れするのだ。確かに充電式と違い便利なことは便利だ。だが、すぐに電池切れするまでもなく、少し使うと勢いが無くなり髭に負けて剃りづらくなるのが嫌なのだ。

いよいよバンコクの伊勢丹までシェーバーを探しに出掛けなくてはならないかと思っていた12月に入った或る日のこと。留守居をしていた実家に一人の女性が入って来た。

二人連れで来たようで、もう一人の女性は先を歩いて行く姿があった。うちに入ってきた女性はタイ語で何やら話始めたが、すぐにサンプル商品を取り出した。それは何と充電式のシェーバーだった。この女性、コーラートからやって来た行商だったのだ。

超薄型で格好の良いシェーバーは正規価格でB1250、それが特別プロモーションセールで何と399バーツだと言うのである。そんな安物で大丈夫なのかなあ?銭失いにならないか?

その女性はサンプルを手に取って私に剃り味がどんなものかテストするように勧めた。試しに剃ってみると中々、上々の剃り心地。

彼女の説明では、この日予約で、一週間後に商品を持ってくるので、支払いはその時代引きということだった。

私は親友と旅に出ているので、一週間後の金曜日に来るように断って注文した。旅行の日程が変わってしまい、戻るのが土曜日になったが、全然問題は無かった。

流石タイランド、金曜日に持ってくると言いながら、郵便の代引きで月曜日に送ってきたのだ。

剃り味抜群の小さな充電式のシェーバーは私自身へのクリスマスプレゼントだった。サッコーン!



ポチポチっとクリックしてくださいますか

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ 


サコンナコンのお天気


posted by ラッキー at 00:50| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サコン田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
キャンペーン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。